[レシピ] フランスの保存食「豚肉のリエット」の作り方

軽くトーストしたバゲットに濃いめの味付けのテリーヌを乗せると、おしゃれで食べ応えのある一品に! ワインとの相性も抜群でちょっとしたおつまみにもなりますので、ホームパーティーなどで提供してもいいですね!テリーヌだけでなくレタスなどの葉物野菜と一緒に乗せれば、おしゃれなオープンサンドの出来上がりです。 6で取り分けたラードを火にかけて溶かし、リエットの上に流してから冷蔵庫で冷やす。

10

[レシピ] フランスの保存食「豚肉のリエット」の作り方

この段階で出てきた脂は肉の臭みが移っているのでこまめに拭き取りましょう」 3)厚手の鍋で2時間煮込む 厚手の鍋に豚バラ肉、にんにく、玉ねぎ、タイム、ローリエ、白ワインを入れて、弱火で2時間煮込む。 取り出した液体はボウルに入れ、 常温で置いておきます。 リエットの種類は?肉系と魚系 リエットはもともと肉を保存するために、ラードで肉を長時間煮込んで作られた保存食です。

5

パンスタが実際に食べて美味しかったリエット5選 おいしいパンとパン屋さんのくちこみ・ランキング パンスタ

8)保存する場合はラードでふたをする すぐに食べないなら保存しやすいココットに詰める。

1

豚肉のリエット レシピ・作り方

ゼリー液がしっかりと冷えて固まったら、1㎝程の厚さにカットします。 ちょっと深めのフライパン、もしくは鍋にサラダ油を入れて弱火で熱し、 玉ねぎを炒めていきます。

豚肉のリエット

418• 元々はその具材をパイ生地で包んで焼き上げたものがパテでしたが、現在はパイ生地を使わないものでもパテと呼ばれます。 あとはフードプロセッサーにかければ、 『 リエットの調理は終わ りへっと リエット 向かいます。 濁っているので、脂が透明になるまで煮込みます。

8

パンスタが実際に食べて美味しかったリエット5選 おいしいパンとパン屋さんのくちこみ・ランキング パンスタ

沸騰したら弱火にし、アクをとります。

8