思い浮かべるの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

自分ひとりが侵入者である、という気が透にはした。 だが、ロイの傲岸さに気付かないはずはなかったろうに、クレアは特になにもなかったようにしっとりと言った。 鈍く光るそれは、宙でくるくると回転しながら弧を描き、ごく自然に俺の右手に収まる。

20

【馴染む】の例文集・使い方辞典

… 今野緒雪『マリア様がみてる 17 チャオ ソレッラ!』 より引用• 「慣」は「1つのことに心を貫くことで」の意 「慣れる」の「慣」は「心を貫く」の形で成り立っているように、「何度も繰り返すことで、そに対して違和感がなくなる・それをスムーズにできるようになる・道具などが身体になじむ」=「ある環境や状態になれる」の意味を持っています。 … 吉行淳之介『私の東京物語』 より引用• 最初は目新しくて引っ張りだこだった「ガス入り」だったが、食事が終わる頃には皆「ガスなし」に手が伸びるようになった。

11

彩るの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

腕 うでに 馴染 なじんでいたあの重ささえ実現してくれたら、後はどうでもいい。 「馴染む」の表現の使い方• … 森村誠一『分水嶺』 より引用• 浅野は、八年近くの結婚生活で馴染んでいた昭子の肌を思い出していた。 2字熟語には「馴化」「馴鹿」が、3字熟語には「場馴れ」「不馴れ」が、4字熟語には「顔馴染み」「昔馴染み」があります。

【馴染む】の例文集・使い方辞典

「馴れる」と「慣れる」の使い分け方法!. 「三四郎」に刺激されて森鴎外は「青年」を書いた。 … 言乃葉『出席番号32番 衛宮』 より引用• 彼らは馴染むと平気となるが、彼らを怖れると重大なものとなって来る。 まだ入学して、一ヶ月しか経っていないけど大学生活には大分 馴染 なじんできた。

13

「慣れ親しむ」とは?意味や使い方!例文や解釈

その「川の流れのように馬が従う」=「馬が他の動物や人に対して警戒・怖れ・逃げるなどの様子がなくなること」の意味から派生して、「馬以外の動物が他の動物や人に対して警戒や怖れなどを見せなくなること」や「動物が素直に言う事を聞くようになる」の意味、「人が他の人に親しみを持つ」の意味も持つようになったと言われています。

「慣れる」の意味と使い方・「馴れる」の違い・類語・敬語・ことわざ

大原には薄気味悪さだけが迫ったようである。 … 城山三郎『忘れ得ぬ翼』 より引用• ここまで「慣れる」についてはいろいろと説明してきましたが、では「馴れる」にはどんな意味があるのだろうか。 相手と親密な関係を築く、親しく接する、という時にも 「馴染む」という表現が使われます。

11

「慣れる」の意味と使い方・「馴れる」の違い・類語・敬語・ことわざ

「繰り返すこと」=「貫くこと」という点が「馴」と異なる点であり、「なれ方」の違いと言えます。 「馴染む」というのは慣れてしっくりくる、という意味になります。 辞書において、「馴れる」は「慣れる」と同じ言葉として説明されることが多いです。

思い浮かべるの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

その様子が、「逆らわない」=「従う」とつながったとされます。

10

「慣れる」の意味と使い方・「馴れる」の違い・類語・敬語・ことわざ

では、その違いとは何でしょうか。 だがそれは、すでに死相のような彼の面におよそ 馴染 なじまない笑みだった。

10