映画『ブラザー・サン・シスター・ムーン(Brother Sun Sister Moon)』は1972年のイタリア・イギリス合作による作品でイタリア語ではFratello sole, sorella lunaといいます。

フランチェスコは悲しみ嘆く。 町の喧騒を避けて山野を彷徨し、町外れに追放されたらい病患者に食物を運ぶ清純な少女クララに出会った後、フランチェスコは変人や狂人扱いも恐れず私財を投げうって世を捨てる。 同時に当時高校生だった自分ですら、 なんと自分は汚れているのだろうと恥じ入った。

3

心洗われる映画・「ブラザーサン シスタームーン」:トラネコ日記

フランチェスコに自分でも気づかないほどの大きな変化が起きていた。 ある日、果樹園で休んでいた彼に、美しい娘クレア(J・ボウカー)が近づいてきた。 見習い修道士で勉学と宗教に打ち込むシルベストロ(M・フィースト)、セックスへの興味一辺倒のジオコンド(N・ウイラット)、理想に燃える騎士ベルナルド(L・ロウソン)、法学生のパオロ(K・クランハム)だった。

ブラザー・サン、シスター・ムーン : 作品情報

やがてそれが権勢の象徴となり,都市貴族たちは競って建設しました。 私たちは富や権力の厚い殻を被っている・・・ そなたたちの貧しさの前に私は恥じる・・・ フランチェスコ・・・キリストの御名において皆に真理を説きなさい、 そして限りなく信徒が増え栄えることを私は祈る・・・」 そして教皇はボロをまとい裸足のフランチェスコの足元に跪き、足にキスをしたのだった。

18

ブラザー・サン シスター・ムーン

やっとのことでローマ教皇(A・ギネス)に謁見が許され、キリスト教の腐敗を説いた。 宗教的題材を借りた青春映画であり、この映画のために、歌手のが主題歌と挿入曲を書き下ろしている。

1

昔、「ブラザーサン・シスタームーン」って映画があったと思うのですが、...

彼は仲間たちとローマ法廷に請願に行くことにした。

映画『ブラザー・サン・シスター・ムーン(Brother Sun Sister Moon)』は1972年のイタリア・イギリス合作による作品でイタリア語ではFratello sole, sorella lunaといいます。

まるで大空へ飛びたつかのようだった。

12