SLやまぐち号

(毛利祥子). 普通列車と同様にキハ40系が1両(単行運用)または2両編成で運転されていた。 また、記念日となる8月1日には子供の1日車掌を交えた記念式典が行われた。 - の運行時にC57 1に不具合が発生したため、から当分の間、DD51形のみの牽引による 快速列車「やまぐち号」として運行すると発表。

20

山口津和野のSL 撮影ポイントは?運行時間や乗車予約

大正風客車を減車の上、明治風客車の津和野方に連結され、C57 1が単機で牽引したこともあった。

山口県/観光政策課・観光プロモーション推進室・インバウンド推進室/index・トップページ

04km が延伸開業。

9

山口県/観光政策課・観光プロモーション推進室・インバウンド推進室/index・トップページ

3号車 - オハ46 13• :この日から9月まで、毎月第3金曜日に限り山口発新山口行き最終列車を45分遅く臨時運行。 改造当初は赤茶色の塗装で、屋根上の冷房装置を一体型のカバーで覆い、明治時代から昭和初期の客車の二重屋根に似せた外観としていた。 お出かけする際、最新情報は公式サイトでご確認ください。

18

山口県/報道発表/『SL「クリスマス」号運行おもてなしイベント』の開催について

日本五大稲荷の一つ太鼓谷稲成神社駐車場より津和野の町並みを望む。 9km 【時間】 約2時間10分 【料金】 乗車1,140円+指定席520円 【運行日】 3~11月の土日祝など 1日1往復 九州地方のSL蒸気機関車 12. 洞内の観光コースは約1km(総延長10. 改造前は1号車。 2016年からまで、C57 1生誕80周年『傘寿』を記念して「C571号機おめでとう傘寿」と書かれた紫色の特製ヘッドマークが付けられた。

20

SLやまぐち号

(昭和55年)• 現在、山陰本線・須佐駅前には「時刻表の父 手塚猛昌顕彰之碑」が建立されています。 ここではたいていの場合、長門峡や徳佐の発車のような「爆煙」とならないが、そのぶん、C57の自然な表情が美しい。

3