新型コロナウイルスに関する通知・通達(日本国内府省等)

新型コロナウイルスから回復した人の中には、再感染への強い不安を抱えながら生活している人もいます。

14

【新型コロナウイルス】厚労省コロナSNS「#広がれありがとうの輪」に批判や怒りが|日刊ゲンダイDIGITAL

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い,来庁される方々への感染拡大防止のため,法務局・地方法務局(支局を含む)では,当分の間,できる限り インターネット又は電話による相談をお願いしております。

5

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) COVID

専門家「さらなる対策強化も考えていく必要ある」 WHOが「パンデミックといえる」という認識を示したことについて、感染症に詳しい東北大学の押谷仁教授は「ヨーロッパやアメリカなど先進国でも患者の数が増え、WHOとしてもパンデミックという表現を使って世界中に警戒を呼びかけざるをえないと判断したのだと思う。 厚生労働省新型コロナウイルス対策本部クラスター対策班・北海道大学教授 西浦博氏によると、今回の調査は、症状のある人が集積する地域を早期に把握したり、流行対策時における行動変容を評価するなど、流行対策に役立てるとしている。 専門家「子どもも絶対安全とはいえず」 子どもが重症化するケースは、高齢者に比べると少ないものの、中国などで報告されています。

20

厚生労働省・消費者庁と合同で、新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について取りまとめました (METI/経済産業省)

令和2年4月1日 府子本第414号 PDF• 嗅覚障害の治療に詳しい金沢医科大学の三輪高喜主任教授によりますと、嗅覚障害は、一般的なかぜやインフルエンザで鼻水や鼻づまりなどの症状を発症したあとに起こることがありますが、他の症状がないのに突然、嗅覚障害が多発したケースは他に例がないということです。 令和2年6月2日 府政防第1230号、消防災第100号 PDF (内閣府ウェブサイト) PDF (消防庁ウェブサイト)• 今でも、味は少し分かるものの、臭いの感覚は、ほとんど戻っておらず、街を歩いていても、大好きな焼き鳥やコーヒーの臭いがわからず、「人生の楽しみを奪われた」と寂しい気持ちになるといいます。

9

新型肺炎コロナウィルスと年休(有休)についての厚労省Q&A

厚労省によると、プロジェクトは、新型コロナの感染予防の徹底のほか、医療従事者や感染者とその周囲に対する差別・偏見をなくす目的でスタート。

15

LINEの新型コロナ調査に2,453万人が回答、厚労省にデータ提出。第2回は5日から

若い世代の感染について、WHO=世界保健機関は50歳未満でも入院するケースが相次いでいるとしているほか、アメリカではCDC=疾病対策センターが20歳から44歳の2%からおよそ4%が集中治療室で治療を受けていると報告しています。 重症や死亡のリスクが高いのは60歳を超えた人や高血圧や糖尿病、それに、循環器や、慢性の呼吸器の病気、がんなどの持病のある人だということです。 西浦博教授は、新型コロナウイルスが、ほかの感染症と違う特徴について「発病する前に、潜伏期間の途中で、2次感染の多くが起こっているということだ」と指摘します。

11