坪倉 正治

9博士研究員の石井佳世子先生が筆頭著者で安村誠司教授が共著者となっている論文が福島県保健衛生雑誌に掲載されました。

4

坪倉正治

それはインパクト・ファクター47. 『浜通り(原発のある福島県沿岸部)だ』と言われてもピンと来なくて、ネットで調べて『ここ、大丈夫なんかな』と初めて気付くレベルでした。 渋谷教授は筆者とともに震災直後から被災地で活動を続けていた。

17

坪倉 正治のプロフィール情報 All About

外資系のコンサルタント会社なども受験したが、最終面接で結局落ちた。 ところが、当時の第3内科では例外なく『ネイチャー』や『サイエンス』に論文を投稿することを目指した。 詳細はから 2020. 「指導教官で被災地の医療支援を行っていた上昌広先生から、『帰ったら南相馬に行けるか?』と言われたんです。

14

坪倉 正治のプロフィール情報 All About

全員が腰を据えて福島で活動し、その活動を世界に発表したのだ。 医師は現場で育つ。

17

福島の健康問題は放射線より糖尿病

Public Health に掲載されました。 そして同じような問題意識を持つ同級生らと、医師以外の道を模索し始めた。 30 2019年度公衆衛生学試験学習課題を掲載しました。

19

坪倉正治さん(3)医者なんてやりたくない 頭でっかちの秀才を変えた現場 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

「人の命を救うための医療なのに、患者さんに訴えられることに脅えながら病院で働くことに、どんな意味があるのだろう」。 約2700人の小児、乳幼児を対象として体内のセシウムの計測が行われたが、誰からも検出されなかった。

坪倉正治

評価受ける。

18