位置情報を活用するジオターゲティング広告を使う3つのメリットと導入事例

ターゲットへ向けて調理器具の広告配信をしたいと考えた時に、どのような配信方法が適切だと考えるでしょうか? ターゲットが日々「調理器具 オススメ」といったキーワードで検索していれば商品をレコメンドしやすいですが、 行動がルーティン化している人ほど「オススメ」などのキーワードで検索する可能性は低いと言えるでしょう。 配信結果を見える化して、現状を分析し、改善に生かせます。 位置情報を用いたマーケティング手法 ジオターゲティングとは ジオターゲティングとは、ユーザーの位置情報を利用したマーケティング手法です。

7

ジオターゲティング広告とは?GPSの位置情報を利用したサテラアイの特徴と活用法を解説

使用する時点である程度ターゲットがセグメントできていることから、ジオターゲティング広告配信を実施しやすいアプリと言えるでしょう。

位置情報を活用するジオターゲティング広告を使う3つのメリットと導入事例

ジオターゲティング広告のメリット ジオターゲティング広告のメリットとしては、従来のWeb広告では難しかったターゲティングが可能になったことが挙げられます。

11

ジオターゲティング広告(位置情報広告)でチラシを使わず宣伝!

またオプションをつければ、来店計測が可能になりさらに細かい効果分析が可能になります。 位置情報は、「どこにどのくらいの時間その人がそこにいたのか」という情報。 例えば、りさ子さんという女性が、「旦那さんにプレゼントしよう」と思い男性用のネクタイについてあれこれと自宅のPCで調べていれば、彼女のPCには一定期間、男性用のネクタイに関する広告が多く表示されるでしょう。

7

ユーザーの位置を把握して集客!ジオターゲティング広告の活用法とは

行動履歴がわかると、消費者の趣味嗜好がわかる 行動履歴からわかることの最大の特徴は、検知時間、検知時期、検知頻度、居住エリアなどを検知したい場所とかけ合わせたデータを収集することにより、よりターゲットに近いユーザーの動向を計測することができるところです。

9

「ジオターゲティング」とは?広告効果をアップさせる仕組みと活用事例|ferret

O2Oに効果的な施策になる 費用対効果が高いピンポイント配信ができる ジオターゲティング広告を行うことで、特定の地域にピンポイントで広告を配信することができます。

15

注目のジオターゲティングについて特徴や使い方を細かく解説!

「位置情報ビッグデータ解析」と「広告配信・来訪推計・効果検証」の2つの軸をもち実店舗集客や競合店比較など、販売プロモーションや出店計画の分野においてお役立ていただる製品です。

11

5事例大公開!ジオターゲティング広告で認知拡大に成功した業種の課題とセグメント

無料のデモンストレーションもご用意しております。 まずはGPSを使って、商業施設Bの半径数Km内にいる見込み客にセール情報などをジオターゲティング広告配信します。 たとえば、自社店舗をあらかじめ指定しておけば、 自社店舗に来店した顧客の位置情報のログを取得し、 それらのターゲットに向けた広告配信が可能になります。

ジオターゲティング広告とリスティング広告を併用して獲得成果が大幅に向上した事例を紹介

これらの広告はWeb上の行動履歴を用いているため、あくまでも オンライン上の興味や関心に即して広告が表示されます。 例えば、Googleなどの検索広告を使って集客しているお店も多いと思いますが、これからはジオターゲティングを使い、自分の店の近くにいる人にクーポンを流したり、インスタ映えしそうな魅力的な商品をアップした広告を配信することで、無駄な費用をかけずに広告を打っていけます。 ジオターゲティング広告 ここまではマーケティング手法である、ジオターゲティングについてみてきました。

12