造影CTは腎機能低下の人には要注意!予防策は?

腎機能自体は血液検査によって測定できますが、その指標はCr(クレアチニン)値またはeGFR(推算糸球体濾過量)と呼ばれる二つになります。 と定義されています。 血管系の病気や腫瘍の良性か悪性の判断にガンの転移の有無、手術前に血管走行の確認など用途は様々です。

2

「造影CTは腎機能低下の人には要注意」の記事一覧

そのため、腎機能障害がある方に投与すると、造影剤が排出されず、腎臓にたまり続けることになり、腎不全など症状を悪化させるおそれがあります。

8

腎機能障害がある患者への造影剤使用(米国放射線学会と腎臓病学会の合同声明)

「腎機能が低下しているから造影剤投与は控えます」なんて言っている人、 まわりにいないでしょうか? これを機に知識をアップデートしましょう! Matthew S Davenport et al. 放射線診断科の医師が診断に有用と思われる画像濃度を得るために決めていることですが、全国的にこの値が基準となっていることが多いです。

16

単純CTと造影CT

最近のCT検査に置いて、造影剤は欠かせないものになっています。

6

顯影劑會傷腎?讓人過敏?做CT、MRI檢查前先了解4件事|健康2.0

これは、 患者さんの体重によって決まります。 消化器がんは、血流の評価(多血性、乏血性)、発育状況(膨張性、浸潤性)など各臓器において特徴があります。

「造影CTは腎機能低下の人には要注意」の記事一覧

とされています。

1

単純CTと造影CT

実際、造影剤は人の体にとって普段は存在していない異物のため、少ない量で検査できるのであれば、患者さんへの負担も軽くなるでしょう。 先日、日本医療機能評価機構が公表している「医療事故情報収集等事業」の報告書で、造影CTの施行に関する注意喚起がされていました。 では、その 基準値はいくらなのでしょうか? 腎機能はしばしば クレアチニン(Cre)で評価され、上の造影剤腎症の定義もクレアチニン(Cre)により規定されています。

13

CTで使う造影剤量とは?

忘れてはならない腎機能 造影剤は体重の倍の量 ml を注入されるのが基本だと言いましたが、例外があります。

8

腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪?:日経メディカル

(最後には簡単な計算式もあるので大丈夫です。 (元々ヨードは粉末状ですが、水によく溶けるのです。