砥石について

特に砥グソを出すと、研磨力が上がるだけでなく、包丁にある変化が起こります。

20

砥石の話

明治より以前は、福井県産の常見寺砥と言う上質の砥石を用いたが、産出されなくなり、その後、愛媛県産の伊予砥が用いられた。

16

杉原美術刀剣研磨工房(日本刀の研磨・諸工作)

刀が実用に供されていた時代においては、切れ味だけを求めた砥ぎも存在し、今でも一部の据え物切り愛好者は切れ味を求めることもある。

天然砥石、純三河白名倉の販売

淋雅のもう一人の門人、本阿彌光遜によって、一般に刀剣鑑賞の裾野を広げる努力が行われ、秘伝とされた鑑定法、研磨法も公開されることになった。

砥石のページ

昭和から平成の二つの坑道 昭和から 平成にかけて二つの坑道が存在しました。 販売中の名倉砥 当社で現在販売している名倉砥は層で言えば、目白、コマ、ボタンにあたります。 砥石というのは固めた粘土の中に小さな研磨粒子がたくさん入っているような構造の物が多いのですが、研ぐ動作をすると、粘土が少しずつ削れて、中から少しづつ研磨粒子が表面に出てきて、刃物を削る、という仕組みになっています。

15

名倉砥|倉本商事株式会社

刀身自体の研磨には用いません。 和歌山県産 #220 備水砥 通常の整形や錆び切りにはこの備水砥から着手します。 切れ味を求めるだけならば、粗い砥石だけ掛ければ十分であるし、また刃に適度なざらつきがあったほうが滑りが少なくなり結果的に切れ味が上がるとも言われており、「寝刃(を合わせる)」という荒砥や砂で刃に粗目をつける作業も存在する。

12

砥石のページ

泡が出なくなるまで10分ぐらい 2.修正したい砥石に線を引く。

4