バイオマス発電を支える地域の木材と運転ノウハウ (岡山県・真庭市)

さらに、市内で製造された木質ペレットをハウス栽培の暖房に使用するなど、地域関係者の連携により、発生から利用までを効率的プロセスで結んでいます。

12

バイオマス発電|再エネとは|なっとく!再生可能エネルギー

1990年頃、林業の衰退や過疎化の現状をどうにか変えたいと、バイオマス事業を軸に、中山間地が魅力ある持続可能な暮らしを実現するための取り組みがスタートしました。 そんな地域の苦境を打開するため、市は森林資源の木質バイオマスに目をつけたのです。

各地に見られ始めた「バイオマス集配センター」(2)〜岡山県真庭市のバイオマス集積基地〜

未来を担う人材を育てる。

バイオマス産業杜市真庭の歩み | バイオマスツアー真庭

燃料に利用する木質チップは地元で調達できる(写真2)。 会津若松市は「バイオマスタウン構想」を策定し、環境にやさしい街づくりを推進してきました。

15

木材の集積地にバイオマス発電所、木質専焼の設備で10MWの電力供給へ

グリーン発電会津は、木質バイオマスで発電した電気を電力会社へ売電し、電力会社を通じて一般家庭等に電気を供給するサービスを行っています。

13

各地に見られ始めた「バイオマス集配センター」(2)〜岡山県真庭市のバイオマス集積基地〜

輸入品に比べ、コスト面で不利な点もありますが、市は特産品として売り出そうと考えています。

5