初心者必見!コーヒーミルの使い方マニュアル

ペーパードリップで入れれば、苦みとコクを存分に楽しめますよ! 中細挽き 粒のサイズはグラニュー糖ほどで、一般的によく使用される挽き方の中細挽き。 逆に、 細かく挽きすぎると、目詰まりを起こしてしまってコーヒーが抽出されず、雑味の強いものになってしまいます。 ここからは、どんなコーヒーミルが良いのか解説いたします。

1

挽く

極細挽きほどではありませんが、濃い目の味わいになる挽き方です。 コーヒーミルの使い方を知って、 正しく豆を挽くことが大切です。

2

コーヒー好きならこだわりたい!コーヒー豆の挽き具合を解説

例えば、一人分なら15g、 3人分なら25gという具合です。 1に比べて大分粗く挽かれているように感じます。

13

コーヒー豆の挽き方(粗さ・細かさ)について

粗挽き 粒のサイズはザラメほどで、苦みが少なめでやや酸味が強さが特徴の粗挽き。

2

コーヒー豆の挽き方(グラインド)と豆の粗さの違い

手動コーヒーミルの使い方でもお伝えしたように、 1杯分を10gとして、 お好みのあじになるように、 豆の量を調整しましょう。

10

コーヒー豆の挽き方(粗さ・細かさ)について

理由としては短時間しかお湯に接することができないため 密度を濃くしておかなければならないからです。

コーヒー豆の挽き方|5種類の挽き目と正しい挽き方を解説

そのため、細挽きは「抽出過多」となり、余計な苦みやエグ味が出やすくなります。 先ほどもお伝えしたように、 豆の粗さが揃っていないと、 抽出されるコーヒーの味が変わってしまうため、 「雑味(渋み、えぐみ)」が出るからです。

10