株式会社 西日本ジェイエイ畜産

この番号によって、1頭1頭の性別や種別、いつ・どこで生まれたのか、どのように育てられたのかを確認できるようになりました。 JAグループにおける配合飼料の主な流通経路 畜産生産基盤の支援・補完、革新的な商品・技術の開発と普及 国産畜産物の安定供給のため、生産者の戸数や家畜の頭数など「生産基盤」を維持・拡大する取り組みを支援・補完することは全農の重要な役割です。 寄せられたメッセージの一部は以下に掲示していますので、ぜひご覧ください。

16

「がんばろう!日本の畜産・酪農」応援キャンペーン|提供番組&プレゼントの情報を見る|JAグループ

原料調達から生産者への供給まで一貫した事業展開で、肉や牛乳、卵などの畜産物の生産を支えています。

6

「がんばろう!日本の畜産・酪農」応援キャンペーン|提供番組&プレゼントの情報を見る|JAグループ

このような、牛の経歴情報のことをトレーサビリティと言い、消費者のみなさんが買われた牛肉の生産流通履歴情報(牛肉のトレーサビリティ)をインターネットを通じて調べることができます。

17

JACCネット 全農畜産生産部情報

畜産 山口県の農業 畜産 山口県産牛とは 山口県では、美味しい水や空気と、農家さんの愛情たっぷりに育てられた牛たちが約1万5千頭飼養されています。

16

国内グループ会社 畜産

JA山口県とは• 購買者の皆様へ 山口県中央家畜市場情報 山口県の農業• 牛肉のトレーサビリティーとは 国内で生まれた全ての牛には、10桁の個体識別番号が印字された耳標がつけられます。

畜産

全農の畜産事業に関するグループ会社の一覧をご覧いただけます。

10