渡良瀬川の紹介

河川施設 [ ] 新三国橋• 大正7年(1918年)に藤岡台地を開削・通水し、 ・を経由する河道となった。 川口JCTから国道293号田中橋まで約64分 73. 足利市を抜ける所で伊勢崎線の 跨線橋を下り足利方面へ。 40猪名川軍行橋 41猪名川利倉橋 でご覧いただけます。

16

渡良瀬川

測定機関一覧から測定値を探す "〇"印を選択すると、測定結果(速報値)が表示されます。 91大和川国豊橋 92大和川河内橋 93大和川浅香新取水口 94大和川遠里小野橋 でご覧いただけます。 加須市小野袋で旧と合流し 、そこからは・の国境を流れ(長さ約1km)、のすぐ西でと合流した。

14

渡良瀬川の紹介

地理 [ ] 栃木県と群馬県との境にある(すかいさん)に源を発し、足尾山塊の水を集めを経て南西に流れる。 渡良瀬川は思川との合流以降、加須市旗井を通り加須市琴寄で()と合流するまで、・の国境の河道(約8km)を西向きに流れていたという考えもある(「」2016年9月24日閲覧)。

6

渡良瀬川の紹介

ホームページ等でご確認ください。 [Excel形式] 近畿地方整備局の速報値については、各機関のホームページから得ることができます。

10

重要水防箇所

9km 電車 東武伊勢崎線足利市駅または次の野州山辺駅。 ただし、堤防を点検する区間は長いため、現在の堤防の高さや幅、過去の漏水などの実績などから、あらかじめ水防上重要な区間を決めておけば、より効率的な堤防の点検ができ、危険な箇所の早期発見につながります。 リンク先URLが変わっている場合には、お手数ですがこちらのにご連絡下さい。

17

JACIC 入札・契約情報

そうした事態をいち早く察知するため、洪水が一定の規模になると水防団の方々は危険な箇所がないかどうか、堤防を点検します。 一般的に足尾地区渡良瀬にあるとの合流部から下流が渡良瀬川であり、これより上流は 松木川(まつきがわ)と呼び分けられている。 この地点の川の断面積は小さく水位が上昇して板倉町側に波及し堤防決壊が起きやすかった。

11

渡良瀬川

足利市借宿町緑橋、鹿島橋、葉鹿橋。

7

JACIC 入札・契約情報

(国立公文書館 デジタルアーカイブ) この項目は、に関連した です。 (国道354号) 脚注 [ ]• 歴史 [ ] およそ5万年前までは(現在の)付近から南向きに方向へ流れ、へ合流した。

3