【新型コロナ】世界の死者100万人突破、米国に重症者・死者増の兆候

中国の武漢市が2019年末に原因不明の肺炎患者発生を公表してから半年、世界全体を巻き込んだパンデミックの収束の兆しは見えない。 ブラジル216万人、インド119万人を加えた上位3カ国に世界全体の5割近くが集中する。

20

「コロナだけが原因の死者は6%」が浮き彫りにした、米国民の健康事情

各国の感染者数の推移(3月31日) 欧米諸国での感染拡大が続いている。 世界の感染者数1200万人の約4分の1を占める。 インドは8月半ばから連日7~8万人台で新規感染が確認され、直近では9万人を超えている。

9

【新型コロナ】世界の死者100万人突破、米国に重症者・死者増の兆候

また、感染者数は120万人超となり、世界全体の32. 2万人。 最大の感染国は米国で176万人と、全体の約3割を占める。 ブラジルでは3月下旬から感染者の増加が本格化したものの、ボルソナロ大統領は「ちょっとした風邪」などとして、外出自粛などの予防策には反対。

米国の新型コロナ感染者数・死亡者数・感染増加率推移

一方、5月に入って感染爆発が起こったのはブラジルで、既に感染者は60万人を突破。

20

世界の感染者が6772万人、死者154.7万人 : 英国ではワクチン接種開始【新型コロナの国別感染者数】12月8日深夜更新

インド、パキスタン、バングラデシュや中東諸国でも増加傾向が続いており、終息の兆しは見えない。

米国の新型コロナ感染者数・死亡者数・感染増加率推移

死亡者は18日一日だけで1900人を超えた。 1日あたりの死者数は7月29日だけで1461人を記録。

4