新型コロナウイルスと共存していくための心構え|日赤和歌山情報局 Hot(ほっと)|日本赤十字社 和歌山医療センター

しかし、存在としての連帯は、他者の苦難に対し、それを慰撫することで応えることではない。 けれども、 実際に起きてみると、その危機感を超えたさまざまな問題が出てきているというのが今の状況です。 ベンチプレスの重量だけを競うカテゴリもあり、特にパラリンピックのベンチプレス競技は、脚に障害のある方が日頃のトレーニングの成果を存分に発揮できる場であり、人気競技です。

16

岩田健太郎教授、新型コロナとの共存法の提言…「PCR検査にすがるのは宗教みたいなもの」

「完全に国内、地域内の新型コロナを抑えつけての経済活動再開というのは、中国が典型例です。 こうしたなか、殺菌・除菌への関心は依然として高く、ここにきて注目されているのがウイルスの不活性化が期待できる深紫外線だ。

6

【新型コロナ】ウイルスとの共生に向けて私たちができること

気持ちを一方だけでなく、いろいろな方向に向けられるようになると、物事を相対的に、客観的に、俯瞰的に見られるようになります。 身近な例を挙げれば、プリン体やコレステロールに関する「迷信」だ。

ウィズコロナの時代が到来! ウイルスとの共存ってどんな生活?

なるほど、見えるところだけ見れば、人は、利己的な人 egoist と、愛他的な人 altruistに分かれるように見えるが、見えないところを見れば、人は、利己的でもあれば、愛他的でもある。

6

専門家に聞く!新型コロナウイルス感染症と共存するための「新・日常習慣」

現代の私たちの周りでなされていることと似ていないかと、大脇さんは問い掛ける。

新型コロナが怖い方々と怖くない人達との違い、共存方法 — 藤川 賢治

すなわち、だれかを憐れんだり同情したりする人は、しばしば、自分もまた「独り」であり、苦難を生きているという自己認識を欠いているからである。

18

現役医師からの問題提起=コロナの時代に「健康第一主義」を問い直す

「自分第一」 me first は、だれの心にもある傾きであるが、「支援の意思」 willingness to help も、ごく自然に人びとの心のなかに生まれてくる、と。 「パンデミックの収束に向けた連帯」は、実効的であるが、共存在の連帯は、無力的である。

6