多連式スターラーの販売価格一覧表【科学研究機器専門通販のテックジャム】

Stringham の1917年10月9日出願の米国特許1242493号による「固定した電磁石台による攪拌装置」がある。

マグネチックスターラー・撹拌子

コントローラーは4出力ですので、スターラー4個まで接続できます。

19

マグネチックスターラー

プラスチック被覆攪拌子は1940年代に英国魚雷実験団 Torpedo Experimental Establishment,TEE のエドワード・マクラフリン Edward McLaughlin によって独自に開発された。

16

マグネチックスターラー・撹拌子

棒状のものが汎用性に優れるとされる。 ロシンガーはこの特許について、磁石をプラスチック・ガラス・磁器などで被覆することは化学的に不活性にする狙いがあると説明した。 後者のものは、特に本体が薄い製品があります。

10

ホットプレート付マグネチックスターラー RCH

高性能なものでは、溶液に直接温度計を差し込み、試料温度を直接コントロールできるものも存在します。

11

マグネチックスターラー(OCTOPUS) 回転数 100~1500rpm

彼はスターラーの力を「liters of water」として紹介した。 初の多連式スターラーはSBS Companyのサルバダー・ボネット Salvador Bonet によって1977年に開発され、特許を所得した。 小型の磁石に耐薬品性を持たせるための被覆しており、この被覆には、テフロンやガラスがあります。

ホットプレート付マグネチックスターラー RCH

リモコン式のためコントローラーは机に置いて使えますので操作が容易に行えます。 掲載品以外にも様々なタイプの多連式スターラーを多数取り揃えておりますので多連式スターラーの機種選定、価格相談などの際ご相談頂ければ最適な多連式スターラーのご提案が出来ますので、是非、テックジャムへお任せください。 リモコン式のためコントローラーは机に置いて使えますので操作が容易に行えます。

マグネチックスターラー(OCTOPUS) 回転数 100~1500rpm

マグネチックスターラーとは マグネチックスターラーは、容器内に入れた撹拌子を外部磁場によって回転させて撹拌をする装置です。

4