政府の成長戦略実行計画とこれからの働き方|堀田陽平(弁護士 日比谷タックス&ロー弁護士法人)

都市、地方、離島と場所を問わず、平時は、需給ギャップをリアルタイムに調整しつつ、多元化により、これまでにない企業同士の組み合わせを生み新たな価値を創造できるようにする。

16

コロナ禍のドサクサで進む「成長戦略実行計画」は、日本を破滅させる

今やステークホルダーの求めるニーズは多様性と複雑性を増しており、その充足を通じて実現される「価値」は、定量的な評価には必ずしもなじまないものも含まれる。 経済産業省産業人材政策室では、こうした観点から「持続的な企業価値の向上と人的資本に関する研究会 報告書 ~人材版伊藤レポート~」というものを今年の9月に公表していますのでご一読ください(これについては、私も作成にかかわっているので、また今後触れていきたいと思います。

13

政府の成長戦略実行計画とこれからの働き方|堀田陽平(弁護士 日比谷タックス&ロー弁護士法人)

とりわけ地球温暖化のインパクトはきわめて大きい。

4

成長戦略会議実行計画(令和2年12月1日)に見る今後の中小企業政策(その1)

それに伴い、時間を柔軟に活用した副業・兼業や、リモートワーク、二地域居住なども普及する。

成長戦略会議「実行計画」が公表されました

政府は50年までに二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出を実質ゼロとする目標を掲げている。 外国人材の活躍については、まずわが国として外国人材をどの程度受け入れ、どのように受け入れ態勢を整えるべきか、本格的に議論する必要がある。

コロナ禍のドサクサで進む「成長戦略実行計画」は、日本を破滅させる

しかし、成長戦略実行計画にあるように兼業・副業は、多様な人材の活躍によって新たな付加価値を生むということや、労働市場の流動化にも効果があるとされています。 「骨太の方針2020」では、コロナ問題で露呈した日本経済の多くの弱点からヒントを得て、日本経済再生に向けた新たな施策を進める、との考えが示されていた。 しかしながら、新興国の台頭を含むグローバル化、デジタル化の進展、地方からの人口流出等の内外情勢の急激な変化の中で、多様化・複雑化した「世間よし」すなわちマルチステークホルダーの要請に必ずしも応えられていない。

20