心房細動

発作性心房細動は心房細動の早期の段階であると考えられるので、発作性心房細動の段階で発見することが出来れば、カテーテルアブレーションの有効性がより期待しやすいと言うことが出来ます。

15

心房細動

なぜ心房細動が起こるのか、なぜ発作が起こると苦しくなるのか、どうして治療が必要なのか、「アブレーション」という治療以外に方法はないのか、などの質問をよく受けます。 詳しくはホルター心電図のページをご覧ください。 【発作性心房細動とは】 発作性心房細動(Paroxysmal atrial fibrillation: pAf)とは、持続性ではなく発作性に起こる心房細動です。

患者さん向けページ|不整脈ドットコム 〜カテーテルアブレーションって、何ですか?〜

AFL(心房粗動)を見つけたときの対応 AFL(心房粗動)は突然始まり長時間続くことが多いですが、と比べると慢性化することは少ないと考えられています。 また、今までずっとワーファリン治療にて特に合併症も何も問題が起きていない場合は無理矢理と新薬に変える必要はないと考えています。

7

心房細動と心房粗動

新薬なので薬価が高いのと、薬が切れるのが早いので一日でも飲み忘れてはいけない点が注意です。

2

患者さん向けページ|不整脈ドットコム 〜カテーテルアブレーションって、何ですか?〜

カテーテルアブレーションは昔は合併症や再発率の問題もあり発展途上の治療という位置付けでしたが、近年は安全性と有効率がどんどん向上して来ていますので、いくつか条件や注意事項がありますが、一度検討されてよい治療法だと考えています。

4

心房細動の看護|診断・検査における観察とケアのポイント

こうした病気は心房細動の慢性化の促進因子にもなります。 持続性心房細動 持続性心房細動は7日から1年までの期間継続しているものです。

13