瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~

晋妃(フチャ氏、富察氏)• 満州族の名門貴族・富察氏の出身。

11

🔥瓔珞(エイラク)|25話・26話・27話のあらすじ・ネタバレ感想|復讐を遂げる

乾隆帝はスロプ・ドポンを信じて金川の地を任せます。 長春宮に皇后を見舞いにきた嫻妃は、入れ違いで帰っていく太医の口から弟の話を聞き衝撃を受ける。 増井経夫『大清帝国』講談社〈講談社学術文庫〉、2002年、120頁。

13

瓔珞(エイラク)中国ドラマネタバレ最終回!裏であやつる黒幕がついに発覚!

この際皇二子を亡くしているが、元々乾隆帝には17人の皇子がいた。 嫻貴妃になりました。 女官として後宮に入り繍坊で働き始めた魏瓔珞(ぎえいらく)は、持ち前の正義感と頭脳で数々の試練を乗り越えていく一方、ある目的のために密かに行動する。

16

中国(華流)ドラマ【瓔珞(エイラク)】 あらすじ全話一覧

王朝時代に書かれた記録に名前があるので、現代では「輝發那拉」が正しいとされます。 モデルは純恵皇貴妃。

13

『如懿伝』VS.『瓔珞』、ヒロインが悪女へ!? “同じ歴史人物”でもここまで違う! /2019年12月3日 1ページ目

乾隆帝は奸臣の(和 珅)を重用し続けた。

🔥瓔珞(エイラク)|34話・35話・36話あらすじ・ネタバレ感想|姫抱き乾隆帝

乾隆帝は祖父の代からの遺産を生かしつつ、銀の増産と海外からの大量流入により、経済を潤して軍費を確保したのだ。 そりゃあ愛情も薄いわ。

🔥瓔珞(エイラク)|64話・65話・66話あらすじ・ネタバレ感想|

『』(、1974年)を文庫化• 以前は烏拉那拉(ウラナラ)氏と呼ばれていましたが、最近の研究では輝發那拉氏が有力となっている。

18