英国王室が忘れてしまいたい8つのスキャンダル|ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)公式

に世界中が衝撃を受ける中、して話題になっている。 ファーガソンさんは、英大衆紙ニューズ・オブ・ザ・ワールド()に対し、離婚したアンドルー王子とは良好な関係を続けているとしながらも、1996年の離婚に伴う慰謝料はわずか1万5000ポンド(約190万円)だったことを明らかにし、「まったく貧乏なもんだわよ」と自らの経済的問題もあけすけに語っている。

2

「サー・アレックス・ファーガソンはファン・ペルシと香川に謝った」名将最後の日をエãƒ

もともと、エリザベス女王は、セーラさんを気に入っていたとされるだけに、もしかするともしかする…? ただし、セーラさん自身は強く否定していると報じられている。

9

英国王室が忘れてしまいたい8つのスキャンダル|ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)公式

今も両王女とは仲が良いことで知られる。 両親は1972年に離婚し、母親は再婚相手と共にアルゼンチンに移住したが、セーラさんは父のもとに残った。

【イタすぎるセレブ達】キャサリン妃のトップレス写真公開に、ヨーク公爵夫人セーラも同情。公開誌を非難。

家族 [ ] 出席時のヨーク公(1月)• 06 ;color: 807f7f;background: 000;margin:0 0 0 auto;width:auto;overflow:visible;height:1. 1960年2月19日 — 1986年7月23日 アンドルー王子殿下(His Royal Highness The Prince Andrew)• 「でも、なかったので、ユージェニーは自分のままでいることにしたんです」。 また、義理の姉だったダイアナ元妃()とは正反対の風変わりなファッションセンスについてもやゆされている。

17

英国王室No.1の“お騒がせ女性”が数々の「美容整形」を赤裸々告白

こうしたことが原因で、夫婦は1992年に別居、1996年に正式に離婚した。 その男性こそ、ピーター・タウンゼント。 このような目に遭いながらも笑顔を絶やさない健気なキャサリン妃だが、半裸の姿を盗撮された挙句、世間に晒されたショックは大きいはずだ。

4

英王子元妻、過去にも数々のお騒がせ 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

」 「プライバシーは誰にだって認められている。

18