【上場】リニューアブル・ジャパン、『日本再生可能エネルギーインフラ投資法人』が上場承認/3月29日上場

6 強み: 保守的過ぎるほどリスク回避を行うので、企業として致命的ダメージを負わないように徹底されている。 昇級している人がどの点で評価されているのかも不明瞭なため、フェアではないと感じる社員も多いようだ。 今回のGICからの出資については金額が明らかにされていない。

8

【上場】リニューアブル・ジャパン、『日本再生可能エネルギーインフラ投資法人』が上場承認/3月29日上場

上場予定日は2017年3月29日。 平成29年2月22日、リニューアブル・ジャパン株式会社はグループ会社であるアールジェイ・インベストメント株式会社が 管理・運用する『日本再生可能エネルギーインフラ投資法人』(証券コード:9283)の株式会社東京証券取引所インフラファンド市場への上場申請が承認されたと発表した。

3

【上場】リニューアブル・ジャパン、『日本再生可能エネルギーインフラ投資法人』が上場承認/3月29日上場

GICは1981年にシンガポール政府によって設立されたソブリン・ウェルス・ファンド。

12

【上場】リニューアブル・ジャパン、『日本再生可能エネルギーインフラ投資法人』が上場承認/3月29日上場

2017年10月20日、ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社(以下、「JRE」)とシンガポールのソブリン・ウェルス・ファンドであるシンガポール政府投資公社(GIC Private Limited、以下「GIC」)はGICの関連会社がJREの親会社であるジーエス・リニューアブル・ホールディングス合同会社(以下、「GSRH」)に資本参加したことを発表した。 コンプライアンス違反への対応等• その全てに対し、準備を進めているため今後も持続的な成長が見込まれている。

Group Company

地熱発電事業・小水力発電事業• 加えて、当社は、第二種金融商品取引業者および投資助言・代理業者として、コンプライアンス組織の構築を義務付けられており、金融商品取引法に準拠したコンプライアンス体制を整備しております。 また、女性はなかなか出世できる環境ではなさそう。 資産総額約92億7900万円の内、インフラ資産(再生可能エネルギー発電施設やそれに伴う土地や建物等)が約83億8400百万円を占める。

10

【上場】リニューアブル・ジャパン、『日本再生可能エネルギーインフラ投資法人』が上場承認/3月29日上場

リスク管理・コンプライアンスの推進及び改善に係る重要な方針の策定に関すること• 現時点では全て太陽光発電施設でポートフォリオが構成されている。

16