【医師監修】前立腺がんのホルモン療法の副作用は?女性の更年期障害に似ている?

更年期に入る前のようなすがすがしい気持ちを思い出せてうれしいです。 関連記事 ホルモン剤で副作用が出るのはなぜ? 女性の体内では、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンがバランス良く分泌されることで生理周期が作られ、妊娠・出産に備えた体の環境が整えられています。 長期間使うことになる薬ですし、副作用がないわけではありません。

11

ホルモン療法と副作用・2020

このようなことを総合的に考えると、ホルモン療法は限局がんに対しても有効な治療法といえます。

13

どんな副作用がある?更年期障害におけるホルモン治療

LH-RH GnRH アンタゴニストは4週間おきに受診して皮下注射します。 こういう場合も手術はできないと言われるでしょう。

1

ホルモン療法(内分泌療法)

エストロゲン剤の副作用:. Lancet 2011; 378 9793 : 771-84)。

18

アロマターゼ阻害薬(ホルモン)療法

心臓関連としては心不全や不整脈、動悸などです。 前立腺がんのホルモン療法は注射以外の方法はあるの? 通常、注射薬は1ヶ月もしくは3カ月に一度、黄体化ホルモンを抑制する薬剤をへその周りや大腿や上腕の皮下脂肪が多い部位に注射します。 脂質代謝異常 血液中の脂質、特にコレステロールとトリグリセリド(中性脂肪)の値が高くなる可能性があります(0. 専門分野は乳がんに対する内分泌療法の臨床・基礎研究。

10

タモキシフェン(ホルモン)療法

日本で行われた研究としては、2004〜2005年に過去10年間に乳がんの手術を受けた45〜69歳の女性と、乳がんではない同年代の女性の対比データがあります。 対応としては抗エストロゲン薬のノルバデックスの投与、乳房への放射線照射に効果が見られると掲載されていますが、ノルバデックスの使用は保険外ですし、薬に薬を重ねたり、放射線を当てるというのは対策としてあまり良いものだとはいえません。 鎮痛薬や理学療法で対応することもありますが、なかなか改善されないことも事実です。

13

アロマターゼ阻害薬(ホルモン)療法

ホルモン剤の使用による血栓症の発症頻度はまれですが、手足のしびれや痛み、頭痛、息切れ、動悸などの症状は血栓症の兆候である可能性もあるので、すぐにかかりつけの婦人科を受診してください。 HRTの副作用ってどんなもの? エストロゲンやプロゲステロンを投与することによって、ホルモンバランスを大きく動かす治療ですから、身体が慣れるまでの1〜2ヶ月は婦人科系の不調が起こる可能性があります。

2

アロマターゼ阻害薬(ホルモン)療法

, J Clin Oncol 2017 ; 35 23 ; 2666-2673)。 精巣を取るので、男性ホルモンは回復しません。 またその後、タモキシフェンを2~3年服用したあとでアロマターゼ阻害薬(エキセメスタン)に切りかえて、計5年間治療をつづけると、5年間タモキシフェンをつづけるより再発率が32%も低下すること、さらにタモキシフェンを5年間服用したあとでアロマターゼ阻害薬(レトロゾール)を5年間つづけると、再発率がさらに40%も低くなるなど、次々にアロマターゼ阻害薬の効果が報告されています。

内分泌療法(ホルモン療法)|前立腺がんへのよくある質問|What's前立腺がん

がん細胞のタイプによっては、女性ホルモンの作用によって、増殖してしまうのです。