会社概要|company|IKEUCHI ORGANIC 株式会社

「オーガニック120」ができた1999年• そこからは自社タオルブランドを独立させ、2007年には民事再生手続きを終了し、2014年には現在の「 IKEUCHI ORGANIC株式会社」として活動しています。 そこから生み出される商品数も多く、また 高級感のある仕上げとなっているのも特徴的で、同時にベビー用品も取り扱っています。

テネリータ パジャマ+有吉さんぽの南青山タオル店 池内オーガニック ケット=最高。

ヒロセマリでした。 さらに持続可能性という言葉も、100年単位と5年単位では見える景色はまったく異なるでしょう。 IKEUCHI ORGANICのオーガニックタオルにはその決意が込められているのです。

11

「IKEUCHI ORGANIC」池内計司社長に聞く、

日本でも環境問題や、安心・安全な食べ物への関心の高まりを受けて、オーガニックな食品や製品を暮らしに取り入れる人が増加傾向にある一方で、「興味がない」という人や、「健康志向の特別な人たちが好む値段の高いもの」という印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。 ただ、その頃僕がよく言っていたのは「オーガニックコットンだから地球にやさしいでしょ」ってメーカーがいうのは間違ってるということ。

13

突然の引き継ぎ、民事再生−−IKEUCHI ORGANICが「赤ちゃんが食べられるタオル」を目指すまで【注目の地方企業#4 前編】

2014年3月1日(創業60周年)、IKEUCHI ORGANIC株式会社に社名を変更。 負のスパイラルを目の当たりにしました。 「会社の生きざまが商品そのもの。

4

Path

「当時、世間では『IKT』が注目されていたものの、売上はまだ年間数百万円程度。 また、の活用や地元タオルメーカー7社で高度な排水処理設備を導入するなど環境配慮の姿勢が評価されている。 自社商品はエンドユーザーとリアルに対話できるので、いいことも悪いことも全部直接届きます。

7

テネリータ パジャマ+有吉さんぽの南青山タオル店 池内オーガニック ケット=最高。

「ローインパクトダイ」は、化学薬品をきちんとコントロールすることで環境負荷を最小限にとどめるという、リアリティのある考え方なのです。 強いていえばこの価格がもう少し安ければ、と言う意見もありましたが、使ってみれば納得の値段となっているようです。 現地の人達の生活を支えたいというのが、bioReプロジェクトの原点です。

13

「IKEUCHI ORGANIC」池内計司社長に聞く、

だから、タオルではなくテキスタイルにした。 これらは、畑から紡績工程までを審査対象とするEU基準に基づいてスイスの認証機関「bio. また、ここまで私たちは60年間かけて「赤ちゃんが口に含んでも安全」なところまでたどり着きました。 暑すぎないのさ。

3