コロナウィルスで飲食店が次々閉店!従業員はどうすべき?

消費者の外食離れ 新型コロナウイルスの拡大により、わたし自身も外食することが少なくなりました。 そこで明確な「飲食店の撤退ライン」の条件について考えてみたいと思います。 ご自身で文字を変更してお使いください。

17

コロナで飲食店の売上半減!経営者はどうやって苦境をしのいでいるか

*昨年(2019年)創業した人も条件により適用。 【以下、日本フードサービス協会のガイドライン一部抜粋】 ・食品を扱う者の健康管理と衛生管理を徹底する。 もちろん、閑散期など他の時期であれば、このような事態になってもよいということではありません。

「食」を守ろう。新型コロナから飲食業界を救うアイデアまとめ

ぐるなびとしては、コロナウイルスが落ち着いた後には右図のように、新サービスの導入や営業エリアを拡大することで、店舗数も一店舗あたりの売上も再成長が望めると予想しています。 その日を迎えるために、私たち一人一人が今できることを模索していこう。 」 オーナーである黒もふもふも頭を悩ませていた。

新型コロナウイルスで深刻な影響。生産者&飲食店を助けるためのサービス

フードデリバリー、ゴーストレストラン、クラウドキッチンについて、自らもゴーストレストランを運営するなど、業界の中から実際に体験した情報を発信。 ・お店で出しているメニューと内容を合わせて、メインの肉+ゆで卵1個+日替わりのチーズ ・肉も、卵も、チーズも、増減可能で肉2種類メニュー、肉3種類メニューも用意 ・糖質を抑えめにしたいので、ソースは極力シンプルで甘くないものを。

「食」を守ろう。新型コロナから飲食業界を救うアイデアまとめ

笑 企業にとっては最悪でも、従業員にとっては最高の環境です。 あまりにもひどい状況の場合、退社することも考えています。

2

いざ外食へ!! 新型コロナウイルスが飲食店に与える8つの最悪な打撃(東龍)

デリバリーはテイクアウトと比較して実施されている飲食店様は少ない状況。 一方、お客様への行動を促す「マスク着用」(20%)や「ステッカー誘導」(11%)を実施されている飲食店様は少ない状況。 飲食店の対応(接客編) ウイルスの特性を理解する 知ってるようで知らないウイルスの特性について復習します。

6