好物頂上決戦【北 信介】

静電気が弱点である。 祖母の教えを忠実に守って、バレーボールの練習はもちろん普段の学生生活においても一切の手抜きをすることなく「ちゃんと」やってのける。

17

北 信介

このように積み重ねてきた実績からくる重みとそこから繰り出される正論は稲荷崎2年生以下の選手には強いプレッシャーを与えており、角名からは「怒鳴るも殴るもしないのに圧が強すぎる」と言われている。 ただし北が双子たちを馬鹿にしているという訳ではなく、むしろ最大級の敬意を払っている。

1

嫉妬させます。【ハイキュー】

そんな、ミスター"隙なし"の名をもつこの人の ___ 隙を、見つけろ。 花言葉で心情の変化をを表したりするところ、流石です! 【BL】・・・ボーイズラブ表現を含む作品です。

12

信ちゃん、ほんとそういうとこ。【北信介】

ジャージを肩から羽織っており、に「お前ジャージのソデ通せや 以下略 」と言われているが、それに対して「バチバチってなるやん」と、返している。 後輩が双子たちのことを「天才スゲー(意訳)」と言ったことに対して2ページ半に渡る長いセリフで反論し、「ムキになった」と自ら認めるほど双子たちのことは評価している。 スポーツもできれば勉強もできる。

3

嫉妬させます。【ハイキュー】

座って吹く方は無難に部長か、コンサートミスター。

2

好物頂上決戦【北 信介】

関連イラスト. バレーボール選手としての能力は強豪校である稲荷崎の選手としては平凡といえる。 守備よりの能力を持つが身体的・技術的に特筆するほどの能力はない。 そして何より圧が凄い。

18

ベタ惚れや【北信介】

そしてだからこそ不安定なところがある双子の背中を自分が守るとも自負している。

4

北さんの彼女。【ハイキュー!!】

「反復・継続・丁寧」をモットーとし、 朝練はいつも一番乗り。

13