カミーユ・クローデル (映画)

彼女の作品群が展示されています。

19

愛に翻弄された狂気の彫刻家カミーユ・クローデル

カミーユ・クローデルの作品は『ラ・ヴァルス』(1889〜94年)、神話の『ペルセウスとゴルゴーヌ』(1897年頃)など題材もさまざま。

19

カミーユ・クローデル

パリに移って本格的に彫刻の道を歩みだした彼女に指導を続けていた彼だったが、サロンで受賞してフローレンスに行くことに。

カミーユ・クローデル【Blu

カミーユは20代後半に、ロダンの子を妊娠するも、それを知ったロダンは中絶させている。

7

「カミーユ・クローデル」展

カミーユ・クローデルの作品は、動的なポーズや激しいエネルギー、肉感的な肉付けといった点で、ロダンとの互いの影響関係が見られますが、一方では文学的な主題や物語的、自伝的要素など彼女独自の幅広い主題のヴァリエーションが見られます。 親子ほど歳が離れた初めての恋人でした。

1

パリから1時間。カミーユ・クローデル美術館へ。|特集|Paris|tpreview.co.uk(フィガロジャポン)

ルイーズ・クローデル - : カミーユの妹。

7

カミーユ・クローデル作 『ワルツ』

精神崩壊の悲しい彼女の顔。 作品 [ ] カミーユの頭像(ロダン作、1886年)• 79歳で亡くなるまで30年間過ごした彼女の精神病院時代を扱った映画『カミーユ・クローデル ある天才彫刻家の悲劇』では、ジュリエット・ビノシュの名演で彼女の悲壮な後半生が描かれていた。

20