人口減少時代(4)「地方消滅」という未来:『ビジネス2.0』の視点:オルタナティブ・ブログ

」 ・テレワーク拡大に伴う雇用・働き方の変化 ・家族重視と地方への関心の高まり ・行政を中心としたデジタル技術の社会実装の遅れ ・オンライン教育の重要性と課題 ・セーフティネットにおける課題 そして、ここに書ききれないほどの多方面の分析が続きます。 開票の結果、菅義偉候補377票、岸田文雄候補89票、石破茂候補68票となり、圧倒的な支持を得て菅義偉候補が当選をされました。 タイトル 東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 柳川 範之 教授 内閣府「選択する未来2. 7%) 3位 自分にしかできない仕事や担当している仕事があった(22. 安倍総理からは、本日の議論を踏まえて、ロシア、ペルー、サウジアラビア等の14か国について入管法による入国拒否対象地域に追加すること、合計87の国と地域について、入国拒否を行い、これら対象地域から帰国した邦人等に対しては、引き続き空港におけるPCR検査を確実に実施すること、これまで講じてきた14日間の自主待機要請等の検疫強化、査証制限、航空機の到着空港の限定といった対策については、実施期間を1か月更新し、5月末日まで実施することなどについての発言がありました。

【統計から学ぼう】「選択する未来2.0」中間報告から見えるwithコロナの社会課題を日本は乗り越えられるのか|木下斉/HitoshiKinoshita|note

衆議院内閣委員会で答弁をしているところです。

10

内閣府「選択する未来2.0」 Withコロナ時代における日本が選択すべき未来とその実現方策 ~スマートシティ 多核連携 デジタル化~【会場受講先着15名様限定】【JPIセミナー 11月30日(月)開催】

総裁選挙終了後に、長野県を代表して投票された長野県議会議員の先生方と務台先生と共に記念撮影をしました。 明日28日には衆議院予算委員会で審議が行われます。

17

「選択する未来2.0」に出席、自由民主党総裁選挙で投票、菅義偉新総裁誕生 « 宮下一郎 ブログサイト

中間報告• PR 名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。 人口が半減する自治体も100以上存在するとしています。

政府「選択する未来2.0」中間報告に「男性育休義務化」が入りました!|駒崎弘樹|note

137• こうした懸念を払拭し、変化を後戻りさせることがないよう、できることは直ちに着手する。

12

選択する未来2.0 ~この数年の取組みが未来を左右、今が選択の時:『ビジネス2.0』の視点:オルタナティブ・ブログ

名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。 コロナは腹立たしいことこの上ないですが、こうしたかつてない変化を我々にもたらしたことは、否定しようがありません。 1%) となっています。

12