足浴の看護目的|看護的観点から見た計画と手順、またその留意点

爪きり• また、足だけを湯につける方法は、温泉地や一般家庭でも足湯として親しまれています。 まずは、ポイントを確認しながら実践してみましょう。 血行循環を促進させ代謝を促進する、浮腫などの症状の軽減を図る。

看護ネット|フットケア

お湯の温度を徐々に上げながら足浴を行いますが、患者さんにより温度の感じ方が違うため、声かけを実施しながら行うことが重要なポイントです。 また、副交感神経を優位にすることができるのでリラックス効果も得ることができます。 ・添加するもの 目的によって、炭酸の入った入浴剤やアロマオイル等を使用する足浴もありますが、アレルギーや刺激による皮膚炎などを起こさないように観察をしながら行ってください。

13

足浴の看護ポイント:足底部を洗う際に「くすぐったい」と言われた場合|ハテナース

指先を、ほうずきを柔らかくする要領で揉んでおくと指先が柔らかくなります。 バイタルサインの変化や倦怠感が強くない患者さんには、希望に沿った時間の手浴・足浴を実施する事が重要 教科書には短時間で行う旨が書いてあると思いますが、手浴・足浴は、清潔ケアの一環であるとともにリラックスを得るという重要な目的があります。

16

実習で使える!足浴の手順の根拠と注意するポイント

おわりに. 浮腫などの症状の軽減を図る。

13

足浴の方法 手順や必要物品 足浴のもたらす効果と観察項目

アルコールが使えないときは、ベースオイルで希釈して使用) ・ポイント 足を温める目的であれば、足浴しているバケツごとひざ下(できれば腰あたりまで バスタオル等で包めば効果的です。 石鹸・ウォッシュクロス・かけ湯、バスタオル、保湿クリームなど その他は入浴や足部の衛生保持、足浴時の楽な姿勢の保持などに必要な物品を用意しましょう。 3、足浴の看護計画 足浴の看護計画(看護目標、OP-観察項目、TP-ケア項目、EP-教育・指導項目)を作成していきます。

足浴の看護ポイント:足底部を洗う際に「くすぐったい」と言われた場合|ハテナース

他の入浴と同じように準備を整えた後に看護を実施しましょう。 足湯から得られるものは? 足浴とは 足浴とは、その文字通り足部分だけの入浴のことを指します。

14

第3回 <足浴>フットケアの実践

一般的に「床ずれ」ともいわれています。 足浴と同時にマッサージを施せば、さらにそれらの効果を高められるでしょう。

16