【名画を歩く】井上安治が描く東京都心の原風景

東国で新王を名乗り朝廷に逆らう平将門には七人の影武者がおり、弓を放っても本人には当らず。 昔、梶原景時が八幡宮を奉祀し た際、杖代わりに携帯していた手織りの杉の一枝をこの地に置いた。

10

月夜谷ふれあいの里|観光スポット|ぎふの旅ガイド

江戸が東京に改まった時か、それともずっと 後 ( のち )になってからか、年代はたしかに分らないが、何でも私の父が 拵 ( こしら )えたものに相違ないのである。

3

84.07.29浅間嶺→月夜見山

ここが氏照の館があった御主殿跡だ。

月夜とは (ツクヨとは) [単語記事]

か つてはもっと大きて深く、水量もあったのであろう。

17

万葉集 現代語訳 巻十八4054・4055 : 讃岐屋一蔵の古典翻訳ブログ

なので桜坂という名の坂道は比較的新し. 高速道のガード脇から丘陵へ上がる坂道が見える。 やがて『山頂』と記された標石が立つ樹林で覆わ れた削平地に来る。 ここが最初の目標である月夜 峰の東端と思われる。

11

初夏の月夜沢峠

場所は さあ、次は反対側だな ぐるっと回ってまで来ました ココは右へ しばらく森林の中の舗装路が続く。 更新日:2016年3月2日 みなとアーカイブ 浮世絵でみる今昔06 虎ノ門 歌川広重(初代)「名所江戸百景 虎ノ門外あふひ坂」 安政4年(1857年)11月(港郷土資料館蔵) 画中左側が葵坂。

6

港区の坂(11) ~ 白金・白金台方面

山頂に行ってみると樹林の中に浅間神社の小社があり、こんな所に迄例の"世界人類が平和でありますように"の標柱があった。 縁故 えんこ。