神社お供えする初穂料の由来や金額などをピンポイント解説!|気になる話題アラカルト

下には名前を書きます。 確かに祈祷料を受け取っているのは神職、つまり人間ですが、 先にも述べたとおり祈祷料は「神様への捧げもの」であり、「人が神様に施しを与える」などということはありません。

神社で祈祷時の初穂料とは?種類〜封筒の書き方までを解説

初穂料を支払った時の勘定科目は「寄附金か雑費」にあてる所が多いです。 納める際にはのし袋に入れますが、赤と白の蝶結びのものを使用します。 ただ一番良いのは、行こうとされている神社に問い合わせをしてしまうことです。

10

「初穂料」とは・読み方・金額はいくらくらいか・勘定項目|地鎮祭

神式の 葬儀や通夜の香典などに表書きは 「玉串料」のみ表記 どちらも神様に捧げるものとしては同じ意味なのですが、初穂料は 神葬祭・神道式のお葬式では使わないんです。 神社によっては金額を設定しているところもあります。

3

初穂料の封筒の書き方。裏や金額の書き方を中袋なし、ありで解説。

渡す時 渡し方のタイミングについても、神社によって多少違いがあるでしょうが、一般的には 祈祷申込書と一緒に渡すのが通例とされています。 ここでわかるのは、初穂料という言葉が結びつくのは神社であって寺院ではないということです。

8

初穂料とは?祈祷やお祓いの謝礼の意味や相場、書き方を解説

ご祈祷などあらかじめ金額がわかる時は、熨斗袋に入れていたほうがいいでしょう。 リラックスして書きましょう^^ 最後に いかがでしたでしょうか。

初穂料の封筒の書き方。裏や金額の書き方を中袋なし、ありで解説。

受付の際に書き方等を聞いておくと良いでしょう。 また、法人や会社の相場は2万円~です。 初穂料の金額の目安 次に、初穂料のお金について解説していきます。