尊敬語・謙譲語・丁寧語のよく使う動詞5つの使い分け|「マイナビウーマン」

尊敬語は、ビジネスでは上司や社外の人に対して使うので知っている人が多いと思いますが、丁重語は言葉として知っていても、使い方がよくわからないと思っている人が多いかもしれませんね. 自社に仕事相手を招いて話をしたりする際、相手を待たせる時に使います。 「来る」の謙譲語・尊敬語について説明する前に、謙譲語・尊敬語・丁寧語はどのようなものなのかおさらいしておきましょう。

4

「来る」の謙譲語・尊敬語とよく使う動詞の敬語表現

拝見するは見たの謙譲語です。 ・「召し上がる」(動詞の語形変化) ・「お食べになる」(「お~になる」) ・「食べられる」(尊敬の助動詞「られる」) 「食べる」という動作の主体である相手を高めて、その相手に対して話し手が敬意を表するため、「〇〇が召し上がる」・「〇〇がお食べになる」・「〇〇が食べられる」となります。

8

謙譲語・尊敬語・丁寧語の違い!分かりやすく一覧で解説

とりあえず、上の5つの動詞ぐらいは使い分けられるようにしましょう。 相手に失礼になるだけでなく、社会人として信用されなくなります。 言います。

2

これはよく使う!尊敬・謙譲・丁寧語5つ「行く」「言う」「する」「食べる」「来る」

また、主語は「わたし」ですが、自分より目下の者の代弁する場合にも使います。

「食べる」の謙譲語は?接待で恥をかかない使い方(例文つき)

「食べる」の尊敬語 「食べる」の尊敬語は、いくつか存在します。 聞く お聞きになる。 ・今日、朝ごはんは食べましたか? ・昨日の夜は、焼き肉を食べました。

3

「食べる」の謙譲語・丁寧語・尊敬語の正しい敬語の使い分けを知ろう!

それよりは召し上がってくださいと言った方が丁寧でありながら親しみのこもった言い方になります。 尊敬語の場合は「どうぞ、お召し上がりください」になります。 また「伺う」は「聞く」「問う」の謙譲語でもあります。

「来る」の謙譲語・尊敬語とよく使う動詞の敬語表現

・お暑い中ご足労いただきまして、ありがとうございました。

17