「陥る」とは?意味や使い方!例文や解釈

「 落ち入る」や「 落入る」という表記をする例もあります。 そして 「相手の策謀にはまり込む」という意味もあります。

18

「陥る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「陥る」の類語や類義語・言い換え• 「陥る」を使った言葉と意味を解釈• (訳:いつお亡くなりになるかもしれない。

3

「陥る」とは?意味や使い方をご紹介

例えば、どぶに落ちて、足がはまり込んでしまった時、 「どぶに陥った」と 「陥る」という言葉を使います。 この四字熟語は「昏迷乱擾」とも書きます。 罠にはまるなどという時にも使われるため、 「罠に陥る」などとも言われます。

「陥る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

混乱の類語 混乱の類語・類義語としては、慌ててうろたえることを意味する「狼狽」、規律が乱れて筋道が立たない様子を意味する「乱脈」、世の中が乱れることや暴動などを意味する「動乱」、冷静な判断が出来ないほど心が乱れることを意味する「惑乱」などがあります。

7

「誤謬」の読みかた/意味/使いかた・「誤謬」の類語と対義語

混乱を使った言葉として、「混乱期」「地図混乱地域」があります。 。

2

「誤謬」の読みかた/意味/使いかた・「誤謬」の類語と対義語

身動きできない状態になった場合には 「最悪の状態に陥った」などと表現する人もいるのではないでしょうか。 「陥る」の反対語• ぜひ覚えておきましょう。

8

「陥る」とは?意味や使い方!例文や解釈

一方、混乱を英語にすると「confusion」「chaos」「disorder」となり、例えば「混乱に陥る」を英語にすると「fall into disorder」となります。

9

「陥る」とは?意味や使い方をご紹介

そのような時に 「錯覚に陥る」と表現できます。 混迷と混乱の使い方の違い 混乱は「国中が混乱する」「様々な業界で混乱が起きている」「混乱して頭が真っ白になる」などのように、政治や経済状態だけではなく人間の感情や脳内に対しても使い、文語的表現にも口語的表現にも使用される言葉です。 混迷の例文 5.その国は戦争中の混乱に乗じて他の国との交友関係を築き上げ、味方を増やしておくことで発展していった。

10