(12月14日更新)入国制限緩和・解除予定の国まとめ【海外旅行いつから?】

感染者が収束してきた中国や韓国は、入国制限を解除して国際線の飛行機乗り入れを許可するよう、各国に打診をしているようです。 参考になれば幸いです。 <人気の予約サイト Surprice! またホテル予約に関しては、必ずホテルズドットコム やブッキングドットコムなどの予約サイトで 「キャンセル無料」のお部屋を予約 しましょう。

16

海外旅行解禁の状況 2020年9月最新情報!! 実は行ける国がある!? タイが受け入れ開始!?

今の状態で旅行するならば、到着先で2週間の隔離状態になるので現実的ではないですね。 どちらに転んでも良いように今のうちから準備を進めておきましょう。 留学しようとしている国はいくらか、Expediaなどのインターネット上のチケット検索サイトで調べてみましょう。

3

タイにはいつから行ける?

この受け入れ対象は特別観光ビザ(STV)の発給を受けた長期滞在者に限られる。 予約の現状 現在でも海外挙式、海外留学、海外ハネムーンの半年以上先の予約は入ってきています。 海外へのフライトの予定は11月末までほとんどの航空会社が運休を決めており観光で海外へ行くのは事実上ほぼ不可能。

13

いつから海外旅行にいけるの?【8月編】

新型インフルエンザなどの危険度の高い感染症に対して特に注意が必要とされる国や地域に出されます。 ただし、状況によりこちらの条件や情報も変わり得ますので、 最新情報については、必ず外務省のHPおよび駐日タイ大使館で確認をお願いします。 ちなみに入国後に14日間の隔離がありますが、当然自腹で払う必要があるため、旅行とは言えない程のお金が必要になってしまいます。

13

いつから海外旅行に行けるのか?最前線にいるツアーコンダクターに話を聴いてきた!

新型コロナウイルスの影響で、海外旅行を取り巻く環境は一変しました。 今ならワタクシからの紹介であれば3ヶ月以内に10万円以上利用という条件はありますが39,000ポイントがプレゼントされます。 海外旅行解禁までのステップ ビジネス以外でも海外との人の往来は段階的に緩和されています。

14

海外旅行はいつから再開?【12月3日更新】

そしたら、「感染者数リスクが低い」という理由で人気になるかも。

1

海外旅行いつから行ける?【予測】新型コロナで各国の入国状況など

感染リスクの低い国があるか といったポイントです。 とか、オンラインで講義を受けておくと言ったことは積極的に行うべきだと思います。 11月1日、中国、韓国、台湾、香港、マカオ、シンガポール、タイ、ブルネイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドとのビジネス往来が解禁されました。

20