住民税、いつから納税?いつから控除適用?時期の問題をずばり解決

これから仕事を探したいけれど、税金がかかってしまうのが心配という話はよく聞かれます。

13

住民税特別徴収~社員の入社・退職時の手続き~【会計事務所職員が解説】

会社に届いた「特別徴収税額の決定通知書」のうち 「住民税の特別徴収税額の決定通知書(納税義務者用)」については、会社から従業員へ渡されます。 ただし、 社会保険料を控除した後の額が88,000円以上に対して課税されます。 しかし、上記のような天引きのメリットがありますので、給与から天引きしてほしい方もいます。

1

住民税特別徴収とは?企業向けの納付の手順やポイントについて

転職した人はいつから引かれる? なお、給与所得者であっても、以下のような事情がある場合は特別徴収の対象外となり、普通徴収へ納付方法の切り替えが認められています。 2つ目は退職した年の翌年6月以降1年間に納付する住民税だ。 たとえば、前年12月1日に入社していれば、前年12月31日に在籍していますので、まだ入社1年経過していませんが、 今年の6月給与から住民税の天引きが開始になります。

8

住民税の特別徴収はいつの給与から徴収するか

仮に1月退職であれば1月から5月の5カ月分を退職月の給与から一括で給与天引きして市町村に納付します。

11

住民税特別徴収とは? 普通徴収との違いを解説 [税金] All About

あなたはいかがですか? こうした中、私は、先を見越して何をしたらいいのかと考えている人向けに、無料のメールマガジンを配信しています。 参考 公的年金の受給者の場合 公的年金受給者の場合は、原則として年6回の公的年金支給時ごとに差し引かれることとなります。

15

住民税の特別徴収はいつから?簡単!特別徴収の「決定通知書」の見方

- 168,099 ビュー• 特別徴収税額通知書には年間納付額と月ごとの納付額が記載されています。 転職などで特別徴収先(給与支払者)が変わった、あるいは今まで普通徴収によって納めていた住民税を特別徴収へ切り替えた場合などは、やや複雑になる。

16