検索して合計するSUMIF関数の使い方と範囲の指定ルール

最後の引数「 合計範囲」は 合計する数値が入ったセル範囲です。 (4)「合計範囲」の欄に、数値が入った該当のセルから、合計したい範囲を選択しOKボタンをクリックします。

2

SUMIF関数の使い方!検索条件も分かりやすく説明|Udemy メディア

【問題2】下の集計表で年齢が30歳代の得点を合計しなさい。 別な言い方をすれば、『「会費」で終わる文字列である』とも言えます。

2

SUMIF関数の使い方!検索条件も分かりやすく説明|Udemy メディア

ANDとは設定した すべての条件を満たす場合に計算されるということです。 この時の関数の値の入れ方はExcelと同様になります。

イケてるSUM系関数「SUMIF・SUMIFS・SUMPRODUCT」を覚えよう

SUMIFの条件にワイルドカードを使ってみよう では次に、文字列を"含む"条件指定を行ってみましょう。 なお、この関数は引数にワイルドカード文字を使用することができます。 SUMIFS関数による結果が表示される すべての入力が完了したら、「ENTER」を押します。

6

SUMIF関数の使い方

SUMIF関数を用いて「AもしくはB」を検索条件に指定できるのは、AとBに重複するデータが存在しない場合のみです。

1

条件付きで合計する関数(SUMIF関数)の使い方:Excel関数

Excel2007以降ならSUMIFS関数で複数の条件を指定できます。

条件付きで合計する関数(SUMIF関数)の使い方:Excel関数

ここでは分類(B列)を範囲とし、売上金額(F列)を合計範囲に設定しています(詳しくは後述します)。 以下がSUMIFS関数の書式です。

11