【二ホン人の闇】三十人殺しの「津山事件」の「貝尾集落」を訪ねる【は今も続く】(8)

しかし、その他の5人には発砲し、末男以外の4人は殺害された。

8

ニッポン隠れ里奇譚「津山三十人殺し」が起きた岡山県貝尾集落を訪ねて

さてこの墓も見て行こうか。 。 睦雄の生家につながる細長い路地を歩く。

19

ニッポン隠れ里奇譚「津山三十人殺し」が起きた岡山県貝尾集落を訪ねて

社会保険労務士• 後は長いものには巻かれろ。

【二ホン人の闇】三十人殺しの「津山事件」の「貝尾集落」を訪ねる【は今も続く】(7)

犠牲者数は鬼熊は3人、睦雄30人で10倍。 事件翌年、当時の岡山地方裁判所検事局がまとめた(発行名義は司法省刑事局)「津山事件報告書」は、占領期間中に接収された1冊がアメリカの大学図書館に所蔵されており、マニアはそれを見ているようだ。 睦雄はこの青山部落から津山市街に抜ける荒坂峠へと最後の歩みを進んで行くことになる。

12

闇に消えた「放送禁止映像」を大追跡!(5)<古尾谷雅人・丑三つの村>未亡人が明かす「30人殺し犯」に魅入られた夫

大正デモクラシーの名残りも色濃く、「国家権力=軍隊と警察に対する国民の批判力や反抗心をつちかうことにもなった」(加太こうじ「昭和犯罪史」)。 これはこの本のみの話ではないが、ルポルタージュは、もっと図表を使って分かりやすい形で表現すべきであろうと思う。 頭には、懐中電灯を取り付けた鉢巻を装着。

13

「秀才だったのに…」 2時間で30人の内臓が飛び散った「津山30人殺し事件」とは?(1/3)

10年以上現地を取材してきた著者による、新事実を含めた労作。 「(昭和)22年の秋か23年の春ごろのことだったろう。

6

津山事件

おぞましいようなものごとの本質さえ踊るような文章で的確に表現する志麻子女史すごいわ。

3

「秀才だったのに…」 2時間で30人の内臓が飛び散った「津山30人殺し事件」とは?(1/3)

主人の母親で、「頼むけん、こらえてつかあさい」と足元にひざまづいて命乞いをする老婆に都井は「お前んとこにはもともと恨みも持っとらんじゃったが、(都井が恨みを持っている家から)嫁をもろうたから殺さにゃいけんようになった」と言って猟銃を発砲した(至近距離で肋骨への被弾が幸いし、奇跡的に一命を取り留めた)。 岡山の地元紙「合同新聞」1938年5月25日夕刊に掲載された連載企画「稀代の殺人鬼・都井睦雄(中)」にはこう記されている。

13