住宅性能評価書の基礎知識|取得のメリット・注意点まとめ | 不動産高く売れるドットコム|不動産売却のお困りごとを解決

既存住宅性能評価書とは?評価の方法について 既存住宅性能評価とは、既存住宅(中古住宅)の性能について、第三者の観点からチェックをしてもらい、与えられる評価です。

既存住宅の建設住宅性能評価書とは

売り主と買い主の間に、住宅性能評価書が交付された住宅に関する争いが起こった場合、住宅専門の紛争機関が間に入り処理を行ってくれます。 1.住宅性能評価書 国土交通大臣により登録を受けた評価専門会社等(これを登録住宅性能評価機関という)に依頼することにより、住宅性能評価書を作成することができる(同法第5条)。

申請書類ダウンロード|住宅性能評価|日本ERI株式会社

ちなみに、性能評価書の代わりに耐震性能評価書という事は聞いたことがありません。 この耐震性能の評価に応じて、地震保険料率の割引を受けることが可能です。

10

【ホームズ】住宅性能評価書とは?

既存住宅の性能表示制度はどうなっている? [中古住宅・中古一戸建て] All About

さらに後者は新築住宅の建設住宅性能評価書と既存住宅の建設住宅性能評価書に区分される。

4

性能評価書の取得の流れ

消費税率8%又は10%の場合、一般住宅については以下の通りとなります。 住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)にもとづき、住宅性能の評価結果を表示した書面のこと。 ・ 増改築等を行った住宅については、増改築等を行った部分を明示してください。

6