障害者が生きることに説得力なんていらない

こうした社会運動に関わる人たちって、「特別な人」とか「偏った人」というイメージを持たれることが多いけど、ぼくが知っている運動家たちは、わりと普通で平凡な人たちが多い。 「俺が陣頭指揮 ……… ログイン オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。 そんなぼくは、いま強い危機感を覚えている。

11

障害者も生きたい 荒井裕樹氏インタビュー

調査委が指摘する20億円問題は 荒井弁護士と話して決めたことで、なぜタイガーリゾート社に付け替わったか分からない。 原告は「ウェル・インベストメンツ」なる英領バージン諸島の会社。

8

トップ弁護士が年収4億円を捨てて、見つけたやりがい アカデミーヒルズ

しかし、それが社会に広く染みているとは言いがたい。

9

障害者も生きたい 荒井裕樹氏インタビュー

2016年ごろのことです。 外資系投資銀行に転職した弁護士の話はよく聞きますが、大学院で金融工学を学ぼうという弁護士はほぼ皆無。

7

弁護士 荒井 裕樹【開拓者たち】

「言葉にならない」と言った時、つらくて苦しくて言葉にならないという意味での「言葉にならない」と、自分の中で重さ比べをして言葉を飲んでしまうという意味での「言葉にならない」がある。 こちらはおよそ1・3という結果でした。 現地でリーマンショックを経験することになります。

18

成功報酬120億円求めた凄腕弁護士「荒井裕樹」:FACTA ONLINE

権利以前の当たり前のことなのだと。

1

弁護士 荒井 裕樹【開拓者たち】

その怒りを、法律というものをとおして理論に変えて表現しているのかもしれません。 最近、病気がある人、障害がある人、高齢になった人、貧困状態になった人、家族に何らかの問題を抱える人、犯罪被害に遭った人などのことを、「生きづらさを抱えた人」という言葉で表すことが増えた。

15