第29回日本形成外科学会基礎学術集会

2019年9月18日 、を公開しました。 抄録本文内の小見出しの括弧は、【 】を使用してください。 教育・生涯教育活動等 【教育・生涯教育活動】 総会開催時・基礎学術集会時:学術講習会 (春秋2回) 認定・専門医制度等 【認定・専門医制度】 日本形成外科学会専門医制度(1977年3月) 日本形成外科学会認定施設制度 日本形成外科学会専門医生涯教育制度(1997年度より実施) 事務局責任者・担当者 【事務局責任者】 岩本 明子. 三重県• 2019年11月01日 を締め切りました。

12

一般社団法人 日本創傷外科学会

延期は行わず、6月中旬から一定期間(8月中旬まで予定)におきまして、オンライン学術集会として開催する予定です。 11について(コロナ感染状況により託児はなくなりました)• 治りにくい傷を治す 神戸大学形成外科准教授 寺師 浩人 特別パネルディスカッション:• エステティックユニットを考慮した顔面組織再建• 手の同種移植の現状と未来• 富山県• 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大抑止と安全確保に配慮して新潟での開催を中止とし、Web上でのオンライン学術集会として行うことといたしましたが、お陰様で学術集会には多くの方々にご登録をいただきました。

7

学術集会|一般社団法人 日本創傷外科学会

16 特別企画 学術フォーラム「遠友学舎 ~北大同門アカデミア~」 乳房再建ディベート企画の公募受付を終了しました。

第59回 日本形成外科学会総会・学術集会【2016年4月13日(水)・14日(木)・15日(金)福岡国際会議場】

英字の組み合わせで、II、VI、XIのように入力してください。 医療と政治・マスコミ、そして災害 衆議院議員 宮崎 岳志 シンポジウム:• 同種皮膚、人工真皮、培養表皮を組み合わせた広範囲熱傷の治療• 巧が語る難治性潰瘍の極意 パネルディスカッション:• 多数のご応募ありがとうございました。 術後創部感染(Surgical Site Infection; SSI)の基礎知識と応用• 2 「」を開始いたしました。

6

第63回日本形成外科学会(名古屋)③

頭頸部の血管奇形に対する治療法の選択• 皆様方のご参加と熱い討論で、形成外科学の未来への扉が開かれることを心から祈っております。 難治性潰瘍の集学的治療とその中でのマゴッ卜療法の役割 教育セミナー:• 30(日) 原田慶美助教が、2年間の予定で昭和大学医学部形成外科へ国内留学 2012. 末梢神経損傷の治療 一般演題: 168演題 ポスター演題: 43演題 第10回日本創傷外科学会総会・学術集会 会長 朝戸 裕貴(獨協医科大学形成外科学) 会期 平成30年7月5日(木)・6日(金) 会場 ラフレさいたま・ブリランテ武蔵野 URL テーマ 「創傷外科」次の10年に向けて 招待講演:• 顔面軟部組織損傷の治療• 第63回日本形成外科学会総会・学術集会 会長 亀井 譲 お知らせ 2020年09月25日 受講料決済期日の変更 2020年08月25日 開催中止のお知らせ 2020年08月18日 でご参加ください。 熊本県• Revisit to expander• 慢性創傷 教育セミナー:• 放射線潰瘍の臨床像と手術 市民公開講座:• 24 を更新しました。

12

佐賀大学医学部形成外科

何卒ご理解・ご了承のほどお願い申し上げます。 胸骨骨髄炎・縦隔炎 シンポジウム:• 糖尿病性足病変に対する治療• MEETINGS 学術集会 第12回 会長 橋本 一郎(徳島大学医学部形成外科 教授) 会期 2020年12月10日(木)・11日(金) 会場 徳島グランヴィリオホテル URL 第13回 会長 安田 浩(産業医科大学形成外科 教授) 会期 2021年7月15日(木)・16日(金) 会場 北九州国際会議場 第14回 会長 寺師 浩人(神戸大学形成外科 教授) 会期 2022年7月(予定) PAST MEETINGS 学術集会開催記録• 下肢静脈鬱滞性潰瘍の治療戦略 【一般演題】• 非会員の方はあらかじめ入会手続きをおこなってください。

2

演題募集:第64回日本形成外科学会総会・学術集会

さらに海外から2名、国内からは3名の著名な先生方に招待講演、教育講演をお願いいたしました。 平文通信では、情報の通り道でデータの盗聴や改ざんの可能性があります。

14

第64回日本形成外科学会総会・学術集会 演題登録

28 指定演題および一般演題(口演・ポスター)演者の皆様へ 講演(口演)動画作成依頼、ポスター作成依頼をマニュアル添付の上、メールにてご連絡しております。 2020年07月21日 を公開しました。

2