デシカント空調機・除湿機

圧縮の基礎 空気入れの出口を塞ぎ、吸い込んだ空気(大気)をピストンで押すと空気の体積が減少し、圧力が上がります。 デシカント空調とは SINKOデシカント空調機・除湿機は、利用用途に応じて、また既存システムとの組み合わせによって、効率の良い環境づくり、快適性と省エネルギー化を柔軟に実現するラインアップを揃えています。

14

除湿機の仕組みは?3種類の違いをまとめてみた!

そうして、空気中から取り出した水分をホースで屋外に排出することで、屋内の湿度を低下させるのが除湿機能です。 つまり、何を一番なんとかしたいかによって、冷房・除湿・送風を使い分ければいい、ということなのです。 そのレバーを下げるとホースから空気が出てきます。

2

[除湿機]おすすめの選び方4つポイント / 仕組みや気になる電気代も

衣類乾燥や浴室乾燥など幅広く活用できます。 コンプレッサー方式は除湿能力が高く大きな部屋にも使えるが、冷却が基本原理なので低温時にはその能力が落ちる。 ドレンの排出に必要なオートドレン 圧縮空気中からドレンを除去するには、装置外にドレンを排出する必要があります。

13

コンプレッサーの仕組み

除湿機は梅雨~夏のジメジメした季節に使うイメージがあるが、乾燥機としての機能をもつ製品であれば、オールシーズンで活用できる。 夏季はコンプレッサー式のメリットを活用でき、冬季はデシカント式のメリットが活用できる。

6

空調機での再熱制御とは、どのような制御のことでしょうか?

夏場は室温上昇を伴うため、リビングの居室ではエアコンを使用する方が良いという意見もあるが、エアコンは持ち運びができないため、押入れや物置・納戸での除湿のほか、洗面所のカビ発生防止といった場合に除湿機が活躍する。 これらの構造からわかるように、両者の方式とも、利用すると室温を高めることになる。 再生時にエアーを捨てないエコロジーな再生方式を採用するものもラインアップしています。

4

空調機での再熱制御とは、どのような制御のことでしょうか?

そこで、高級なエアコンには再熱除湿機能が付加されている。

エアコン除湿の仕組みは?知って得する電気代の話もご紹介

また、クローゼットや押し入れを閉めっぱなしにしないことも大切。 エアコンの室内機と室外機をコンパクトにまとめた構造になっている。

12

[除湿機]おすすめの選び方4つポイント / 仕組みや気になる電気代も

この方式の違いを理解するためのポイントは、 部屋の水分を冷やして結露させたか集めて結露させたかという点にあります。 冷媒に熱を伝えて低温になった蒸発器周囲の空気は、ファンによって室内に吹き付けられて室内を冷やします。