住宅ローン控除を受けている時に、iDeCoを併用するメリット・デメリット

住宅ローン控除もiDeCoも、期限が設定されている制度です。 2002年度からあった制度ですが、2017年度から公務員や専業主婦も加入できるようになったため注目されるようになりました。 まとめ。

11

「iDeCo」の節税効果は侮れない 「住宅ローン減税」と併用した場合を具体例で試算

iDeCo掛金:毎月2万5千円• さらに、自治体によっては数千円の特産品がもらえます。 本人確認書類• そのため、ふるさと納税で寄付をすると、寄付した金額分だけ所得が控除されます。 イデコで増えた分のお金の節税 イデコは自分で運用する金融商品を決めて運用します。

4

住宅ローン控除を受けている時に、iDeCoを併用するメリット・デメリット

住宅ローン控除は金利と上限額に注意 住宅ローン控除で注意しないといけないのが、 金利と上限額です。

7

住宅ローン控除とiDeCoで節税効果をダブルに!?

生命保険料控除• ふるさと納税やiDeCo、住宅ローンは非常にメリットの多い制度でもありますが、併用する場合はそれぞれの控除の仕組みをきちんと理解しましょう。 その範囲は下記の通りです。

2

【iDeCo】住宅ローン控除で所得税がゼロになっても住民税でメリットがあります!

そこで今回は、住宅ローン控除の仕組みをご説明した上で、さらにiDeCoを利用した場合、どのようなメリット・デメリットがあるのか確認していきたいと思います。 しかし、最大で13万円までしか控除できないので、 1. 個人型確定拠出年金に加入することによって、住宅ローン控除額が減ることはあり得るが、多くの場合は加入によりさらなる節税が可能• 事前に各控除の上限額や所得税額、住民税額を確認し、効率よく利用できるように準備しておきましょう。 この記事のもくじ• 両者とも節税になると前述しましたが、大きな違いがあります。

住宅ローン控除×iDeCo(イデコ)で節税メリットが減る!?

iDeCoの拠出額は、国民年金の種類によって限度額が異なります。 寄付額から2000円を差し引いた額について、所得税から還付、住民税から控除を受けられる• 住宅ローン控除が引ききれない場合は? 年ごとの最大控除額は40万円、長期優良住宅として認定を受けると最大で50万円の控除が受けられます。 (年末借入残高) 1年目:2928万円 2年目:2856万円 3年目:2782万円 4年目:2708万円 5年目:2634万円 6年目:2558万円 7年目:2482万円 8年目:2404万円 9年目:2326万円 10年目:2248万円 続いて、この年末の借入残高をもとに、 還付される税金の上限額を計算します。

8

【iDeCo】住宅ローン控除で所得税がゼロになっても住民税でメリットがあります!

iDeCoの掛金額が先に所得控除される影響を受けるからです。

住宅ローンの繰上げ返済とiDeCo、どちらを優先するべき?

投資信託を活用して非課税で長期運用することができるわけだ。 そして月間2万円(年間で24万円)のiDeCoに加入していたとし、得する例と住宅ローン控除の額以外は条件を同じにして比較してみます。

13

住宅ローン控除とiDeCoで節税効果をダブルに!?

【税額控除の場合】 上記税額に対し、住宅ローンの年末残高を2,000万円とした場合、その1%の20万円が「税額控除」されます。

13