コロナ拡大、止められなかった世界 中国に責任はあるか:朝日新聞デジタル

封鎖は解除されたが地雷が残る武漢市 2カ月半にわたる都市封鎖が解除された直後の武漢市内。

7

中国に賠償請求続々 米、インドなど「初動誤り拡大招いた」|【西日本新聞ニュース】

8日にも決定する政府の新たな経済対策に盛り込む。 ただ、衛健委によると全国で抽出調査した結果、冷凍食品などの包装から新型コロナの陽性反応が出たのは「1万分の0・48」の確率だという。 習政権は問題があったことを認め、医師の名誉回復には応じたが、その後も政府に批判的なSNS上の発信を削除するなど社会統制を強化している。

10

新型コロナ「収束」の中国の「終息」にはほど遠い地雷だらけの実情

だが、中国方式が優れているとは言えない。 中には、中国政府が保護対象に指定している動物も含まれており、密猟された動物を違法に仕入れていた可能性もある。

8

中国の初の感染確認、説明より3週間早い? 香港紙報道 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

王毅外相らは「中国の制度の優位性を示している」と自賛する。 発生源とされる湖北省武漢市の華南海鮮市場の近くに住む女性は朝日新聞の電話取材に明らかにした。

新型コロナニュース一覧

感染の中心は中国から欧米に移った。 訴状などによると、ヘルパーは3月31日に発熱などの症状が出たが4月1日改善し、10日に感染が判明。

3

新型コロナ 中国の対応は模範にはならぬ : 社説 : 読売新聞オンライン

いずれも青島市胸科病院の入院患者や家族らで、集団感染が疑われている。 その目から見た新型コロナの違いや恐ろしさとは。 そもそも中国の公式統計には疑念が拭えない。

5