娘に「毒親」と罵られて家を出ていかれました。

雪合戦の時に石入りの雪球ぼこぼこ あてられたり、掃除当番全部押し付けられて他の子供は 帰ったり、制服虫眼鏡で焼かれたりしましたけど、いつでも 『されるお前が悪い』と怒られましたので、教科書がなくなっても 黙っていました。 彼女も「親に嫌われてもいい!」と思って素直に自分の感情を吐き出してみる、失敗してもバカにされてもいいので、自分の考えを行動に移してみる、親の目なんて気にしない、親なんて大したことないと考える…そうすることで親から植え付けられた思い込みを捨てることができました。

娘に「毒親」と罵られて家を出ていかれました。

母にとっては、娘が自分と同じ道を歩めば、自分はいつまでも娘の上に立てます。 今回、母に決別を言い渡したのは突然の反発でも洗脳でおかしくなったのでもありません。 逃げたっていい。

10

毒親に育てられた人へ。解放される方法。

母はカエルが嫌いです。 私はそんな娘を応援しました。

8

毒親との決別 日本一醜い親への手紙を自分で自分の親に書いた | 速読多読 一月万冊

子どもは「やりたくないこと」をずっと強制されると、「自分が何をしたいのか」「どんなことをすると幸せを感じるのか」それがわからなくなってしまいます。

毒親に育てられた子どもたちの4つの苦しみ

子供が母親に求めてる事はそんな事だったのでしょうか。

2

毒親に育てられた子供に起こる弊害とその対処法

母から愛されなかった寂しい思いは、誰かに愛されたいになり、好きだといってくれる男性とはもれなく付き合うようになりました。 子どものやることなすことを否定したり、「お前のためにこれだけしてやったのに」と脅すように罪悪感を刺激したり……。 今なら、あの時 『寂しかったんだな・・母は男の話ばかりで私の事なんて二の次だったもんな・・』 とか、そうゆう感情を思い出す事が出来ると思います。