経理・給与担当者必見!2020年は「年末調整」が変わります!経理業務への影響・対策は?

働いている側から見れば、収入と税金の細かい計算をする必要がないので、手間がかからずありがたい話ではあります。 (ロ) 合計所得金額が 500 万円以下であること。 この拡充措置を受けるためには2019年10月1日から2020年12月31日までに取得・リフォームした住宅に入居していることが条件です。

要チェック! 「年末調整」2020年からの変更点は?:マピオンニュース

【人事給与担当者のチェックポイント】• 【従業員に伝えるべきポイント】• 主に4つの改正内容が関係してくるので、1つずつ紹介しましょう」(新井さん・以下同) (1)「給与所得控除」の引き下げ 給与所得控除とは、給与所得者(被雇用者)に適用される控除で、所得税を計算する際に、最初に年収から差し引かれるもの。 このことをというのですが平成29年から令和元年の年末調整に対応してきたものが下記の図表となります。 従来は一律38万円だった基礎控除額が原則としては48万円に引き上げられたものの、下図のように高所得者に関しては段階的に引き下げられることとなりました。

<2020年の税制改正「年末調整」の変更点と電子化について【4】> 2020年の年末調整に必要な書類や実務スケジュールなどについて

=================================== 【年末調整あんしんガイド】 2020年分の年末調整では、手続きの内容・方法が大きく変わります。

14

令和2年分 年末調整のしかた|国税庁

・給与所得控除の引き下げ ・基礎控除の見直し ・所得金額調整控除の創設 ・配偶者控除・扶養控除などの合計所得金額要件の見直し ・未婚のひとり親に対する寡婦(寡夫)控除の追加 ひとつひとつみていきましょう。 つまり、 基礎控除申告書は、全員が記載する必要があるということです。

11

2020年分「年末調整」の変更点をチェック!

最も大きな変更点としては、給与所得控除の減額とそれに伴う基礎控除の増額です。 配偶者の年間所得が133万円以下(給与のみであれば年収201万6,000円未満)の人のみ記入• 給与所得控除とは、所得税などを計算する際に年収から差し引かれる控除額のことです。 その不平等をなくすために、2020年より、婚姻歴にかかわらず生計を一にする子(総所得金額等が48万円以下)がいる単身者(合計所得金額が500万円以下)は、 「ひとり親控除」(控除額35万円)が適用されることとなりました。

8

要チェック! 「年末調整」2020年からの変更点は?:マピオンニュース

基礎控除は、給与所得者全員が関係するため、配偶者がいなくても、提出しなければならない書類が増えるというわけだ。 まず、給与所得控除は、以下の通りに改定されます。

7