臨床医学出版/日本メディカルセンター

堀田 欣一 静岡県立静岡がんセンター• 和田 祥城 和田胃腸科医院• V N 型(non structure 無構造)• 治療においては主に以下の2つに大別して進められる。

15

Table 1 from The Japan NBI Expert Team(JNET)大腸拡大Narrow Band Imaging(NBI)分類の紹介

岩館 峰雄 佐野病院• 現在開発されているNarrow Band Imaging NBI 、 Blue LASER Imaging(BLI)拡大内視鏡画像などの画像強調観察による消化管腫瘍の内視鏡画像に対しコンピュータ画像解析を行い、病理組織診断を反映する定量的な数値を提示する事を目的としています。 I 型(正常・類円形)• 金子 和弘 国立がん研究センター東病院• 竹内 洋司 大阪府立成人病センター• 玉井 尚人 東京慈恵会医科大学• To standardize these diagnostic strategies, the Japan NBI Expert Team JNET was organized in 2011. NBI with magnification colonoscopy is useful for histological predictions, or for estimating the depth of cancer invasion. Further investigation is required to validate efficacy of the JNET classification in community practice. III 型• ()・鶴田修()が提唱した「工藤・鶴田分類」が一般的に知られている。

10

new methods

色素観察:Pit pattern や(ピオクタニン)による色素散布・色素染色を施行し、表面微細構造観察を行い病変の評価を行う。

4

Table 1 from The Japan NBI Expert Team(JNET)大腸拡大Narrow Band Imaging(NBI)分類の紹介

林 奈那 広島大学• 以前はによる病理検査にて良悪性の診断が施行されていたが、現在では臨床診断の指標として広く施行されている。 非上皮性腫瘍• 佐野 寧 佐野病院• 扁平上皮癌(scc)• IV b型(branch 樹枝状型)• 坂本 琢 国立がん研究センター中央病院内視鏡科• 2)表面プラズモン共鳴バイオセンサー(SPR)による胃粘膜細胞機能測定技術の開発および内視鏡診断への臨床応用 医歯薬学総合研究科皮膚科学の秀 道広 教授との共同研究です。

12

new methods

日下 利広 京都桂病院• 過形成性ポリープ(hyperplastic polyp)• 吉田 直久 京都府立医科大学• 病変の形態・大きさによってそれぞれ治療方法が選択される。 カルチノイド腫瘍(carcinoid tumor)• 内分泌細胞癌(ecc)• ESD() 関連 [ ]• 堀松 高博 京都大学• 吉田 茂昭 青森県立中央病院• により報告された「National polyp Study」 N Engl J Med 1993; 329 において、大腸の腺腫性polypを全て切除すること(clean colon)で大腸癌の発生を70%以上抑制出来たという報告がなされ、そのことで日本でも大腸polypの切除が大腸内視鏡検査において盛んに行われている。

10

J

腺扁平上皮癌(asc)• 何故なら,付図で示す従来のadenomaの診断学では診断できない異型がこれらの病変にあるからである。 It has now replaced the major role in chromoendoscopy because of its convenience and simplicity. すなわち、大腸ポリープの治療の目的は、「」ないし「の発生となりうる病変」を切除することにある。 Higuchi分類,WHO分類に比べて簡便なところが均霑化した理由であろう。

19

The Japan NBI Expert Team(JNET)大腸拡大Narrow Band Imaging(NBI)分類の紹介

A CASE REPORT OF SUCCESSFUL COCA-COLA LAVAGE TREATMENT FOR PERSIMMON BEZOAR Released: May 09, 2011 Volume 50 Issue 6 Pages 1448-1454 Tetsuo KIMURA, Naoki MUGURUMA, Tatsuzo ITAGAKI, Yoshitaka IMOTO, Masako KAJI, Hiroshi MIYAMOTO, Seisuke OKAMURA, Tetsuji TAKAYAMA, Jouji SHUNTOU GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY. 中村 尚志 赤坂内視鏡クリニック• IV 型• 傅 光義 菅間記念病院• 形態観察分類には以下のものがある。 筆者はこれであればdysplasiaはいらないと思う。

6