中国宮廷ドラマ「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」第73

本作では波瀾万丈な人生を歩むヒロインの少女時代から老境に至るまでを演じきり、多くの演技賞に輝いてきた実力を遺憾なく発揮している。 未婚で嫡出の公主だったので、皇太后の次女の恒テイ(こうてい)か、皇后の娘・けい瑟(けいしつ)のどちらかになる。

7

如懿伝〜紫禁城に散る宿命の王妃〜

乾隆帝とともに麗河から戻った後、病気になりました。

9

中国宮廷ドラマ「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」第25

資材の調達を担当する部署で働いていました。

如懿伝(中国ドラマにょいでん)あらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

1775年(乾隆40年)。 第40話 「貴妃の台頭」• 如懿と惢心は逃げ場を失うが、間一髪で凌雲徹に助けられる。 如懿が皇帝の寵愛を一心に受けていることに嫉妬した妃嬪達の様々な陰謀により、彼女は何度も陥れられるも、皇帝の愛に守られる。

5

【如懿伝・全87話・最終話まで】全話あらすじ一覧とネタバレと感想|紫禁城に散る宿命の王妃

調査の結果、数人の太監たちの証言から 噂の出どころが延禧宮であると判明する。 そんなある日、迎春の宴で后妃たちに乾隆帝から真珠の贈り物が配られる。 だが、乾隆帝と妃嬪たちが花火を観賞中に、 冷宮は火事に見舞われていた。

12

にょいでん(如懿伝)の史実や時代背景は!?主題歌も調査!

怖いものもないし、賢い。 第4皇子の 弘暦(ウォレス・フォ)は、自らの妻を選ぶ「福晋選び」で、正室である嫡福晋に幼なじみの 青桜(ジョウ・シュン)を選ぼうとしていました。

『如懿伝』VS.『瓔珞』、ヒロインが悪女へ!? “同じ歴史人物”でもここまで違う! (2019年12月3日)

白蕊姫は『如懿が嫉妬から毒を盛った』と言い張る。

4