ミシェル・プラス 世界で3店舗目、今夏オープン 「ブラス軽井沢シモーネ・カンタフィオ」

その土地の魅力をそのまま料理に昇華させ、お客様とともに分かち合えることを、願ってやみません。 大橋さんの洞爺自然有精卵 「三四郎」。

ミシェル・ブラス 軽井沢<公式サイト>

81年オリジナルクーランの解釈をもとに 赤いフルーツの流れる暖かい炭のビスキュイクーラン コブミカンのソルベ 温かい部分と冷たい部分、固体と液体のコントラスト。 また、味付けやソースもコクのある美味しさではなく、あっさりとしている。 料理の前に食材がどのように育つのかをまず気にかけ、手間をかける、まるで農夫のように食材を慈しむ、これがブラスのエスプリです。

15

洞爺に咲き誇る美味 ミシェル ブラスのガルグイユー

施設デザインは隈 研吾氏。 母親が小さな食堂を営んでいて、厨房を手伝ったりしていたというのが、修行らしき唯一の経験。

10

2000坪の敷地にわずか60席 隈研吾設計の新レストランが軽井沢に7月オープン

オーブラックのひと時を一緒に過ごして頂くためのお食事では、あなたのおそばに。 レストランのデザイン・設計は、隈研吾氏らしい、日本の建築美が美しい木組みで構成され、戸外からの優しい光を受けます。 要するにそれは液体の音なのであり、液体は生物の中を流れ続け、液体によって支えられている生命自体の生きている証が、その音を通してわれわれに伝わってくるように僕は感じる。

7

ミシェル・プラス 世界で3店舗目、今夏オープン 「ブラス軽井沢シモーネ・カンタフィオ」

ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ 〒049-5722 北海道虻田郡洞爺湖町清水336 TEL 0142-73-1111 MAIL reservation windsor-hotels. 「ブタ」が喜んで掘るなら「トリュフ」と同じだね・・・収穫しながら走出社長のお母さまがおっしゃったさりげない会話・・・ さらに黒いダイヤモンド・・・ テーブルでひとりひとりのお皿に、黒トリュフが削られて香りと感激の声が広がります。 美味しく料理された姿を見て、食べることができとても感慨深く、私自身の誇りになりました。

2000坪の敷地にわずか60席 隈研吾設計の新レストランが軽井沢に7月オープン

外に出てホテル周辺を散策できるのだが、そこから見る洞爺湖は本当に絶景だった。

『ミシェル・ブラス トーヤ ジャポンは最悪です』by コトルさん

ブラスのエスプリともいわれる食材へのこだわりは、近隣の農産物への探求のみならず、自家菜園での採れたての野菜を多用するなど、軽井沢の地でも継承されます。

1