国土交通省 中国地方整備局 建政部

なお、この『附帯工事と専門技術者』の考え方は『一式工事の中の専門工事と専門技術者』の考え方と同じです。 建設業許可のご案内 お知らせ 建設業法改正に関するお知らせ 令和2年10月1日から許可要件や様式等の一部が変更になります。 また、 『一式工事』は、総合的な企画、指導、調整の下に建設工事を完成させる総合的な工事であり、『土木一式工事』や『建築一式工事』は 他の専門業種に係る工事の 『附帯工事』とは なりません。

10

建設業(建設業係)

つまり、登記上のみの本店(業務を行わない)や作業所などは、営業所に該当しません。 2つ以上の都道府県の区域内に、営業所を設けて建設業の営業を行う場合は国土交通大臣の許可を、1つの都道府県の区域内にのみ営業所を設けて建設業の営業を行う場合は当該都道府県知事の許可を取得する。 「とび・土工工事業」に含まれていた「工作物の解体工事」が独立した業種区分になります。

国交省が定める建設業法等における定義:発注者、元請負人、下請負人、注文者の定義

お客さま 相談内容にご納得の後、業務の正式なお申込み。

2

建設業(建設業係)

また、宮城県を除いた全ての都道府県で減り、秋田県(マイナス33. ( ) つまり、500万円以上の 『附帯工事』を自社施工する場合、専門業種の 許可は不要ですが、『専門技術者』は自社で確保し、現場に配置する必要がある、ということです。

20

建設業(建設業係)

いずれにも共通しているのは、「『附帯工事(=従たる工事)』は、それのみで独立して存在する工事ではなく、あくまで『主たる工事』の施工に伴って生じるものである」ということです。

12

【重要】令和2年10月1日からの改正建設業法等の施行について

そして自信も下請負人である業者からさらに他の業者に依頼する場合は、「下下契約」と呼ばれます。 申請の際は、必ずお読みください。

建設業許可を必要としない工事(軽微な建設工事)

つまり、「 『主たる工事』を施工することが 無ければ本来施工する 必要がなかった工事」ということですね。 専任技術者が 常勤していること。 1個の工事の中で独立した工種毎に契約締結されており、工種を個別に見ると請負金額は500万円未満となっているが、合計すると請負代金が500万円以上になっている事例• 建設業許可を必要としない工事(まとめ) ここまで、建設業許可を必要としない工事、つまり、軽微な建設工事について、注意事項を含めその概略をご説明してまいりました。

19

建設業(建設業係)

下請負人、注文者の定義 次に、「下請負人」と「注文者」の定義を確認しましょう。

19